本日(1月14日)複数の韓国メディアは、テミンが軍服務中にうつ病やパニック障害といった持病が悪化し、現役(一般兵士)から社会服務要員(補充役)に兵役変更されることになったと報じた。

2021年5月に入隊し、軍楽隊に配置されたSHINee(シャイニー)のメンバー、テミン。

SHINee テミン

SHINee テミン(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

本日(1月14日)複数の韓国メディアは、テミンが軍服務中にうつ病やパニック障害といった持病が悪化し、現役(一般兵士)から社会服務要員(補充役)に兵役変更されることになったと報じた。

この日、テミンの所属事務所であるSMエンターテインメントは、プレス資料を配布し「彼は、以前からうつ病とパニック障害の症状で苦しんでおり、軍服務中も継続的に治療と相談を受けてきたが、最近症状が悪化してしまい、兵役と治療の併行が不可能だという軍の判断により、補充役に兵役変更された」と説明。

また、今後の方針として「テミンが治療に専念し、安静をとるようサポートしていく」と付け加えた。

これにより、テミンは兵役が終了する今年の11月30日までは、社会服務要員として兵役を全うすることになった。

テミンの兵役変更の報せを受け、韓国ネットでは彼の体調を心配する声が集まっているが、その一方で「芸能人に対する優遇だ」という不満の声も挙がっている。

これは過去に、BIGBANG(ビッグバン)のメンバー、G-DRAGON(ジードラゴン)が軍服務中に「軍が運営する病院の高官専用の病室を使っていた」という議論が浮上し、芸能人への優遇を既成事実かのように受け止めている人が少なくないためだろう。

現在韓国ネットでは、G-DRAGONの事案に触れながら「芸能人はカネとコネがあるからね」「一般人なら兵役変更は無理」などの憶測や中傷が飛び交っている。

するとこの実態を知った、テミンの訓練所同期と名乗る人物A氏が登場し、その書き込みが話題となった。

A氏がオンラインコミュニティーに掲載した長文の書き込みには、テミンへの無差別な攻撃に対する嘆きと、実際に持病で苦しんでいたテミンの様子が記されている。

以下、その一部(抜粋)。

テミンさんとは、5月31日に訓練所へ同時入所し、軍楽隊に配置された同期です。国軍首都病院でも一緒に生活しました‥テミンさんは、本当にうつ病とパニック障害を患っている人です。

私は(昨年)10月27日、テミンさんと同じくうつ病とパニック障害と診断され、除隊を命じられました。人に自慢するような事ではありませんが、テミンさんの今回のケースは芸能人優遇ではありません。

私が隣でずっと見守っていたテミン一等兵は、優遇どころか、”芸能人”という周囲からの色眼鏡に苦しみながら、軍生活に耐えてきた人です。

芸能人だから優遇は当たり前? 目に見えるものが全てではありません‥。

実際の書き込み(画像出典:韓国オンラインコミュニティー)

この書き込みには、多くの人が共感し、

「本当に、最近は芸能人が逆に差別を受ける時代だから」

「周囲の目が厳しいのに、優遇云々は時代遅れ的な思考」

「陰謀論好きが、さらに彼の人生を蝕んでいく‥」

「彼への攻撃をやめて」

などの反応を寄せている。




SHINee(シャイニー)

SHINee(シャイニー / ハングル 샤이니)は、2008年5月にSMエンターテインメントからデビューした韓国の男性アイドルグループ。
SMエンターテインメントから2005年にデビューしたSUPER JUNIOR以来3年ぶりのボーイズグループで、コンテンポラリーバンドというコンセプトのもとデビューした。
デビューアルバムは「누난 너무 예뻐(Replay)」で、2008年5月25日にSBS人気歌謡の舞台でデビューを果たした。

SHINee(シャイニー) 最新記事はこちら(147)

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs