新垣結衣と星野源のおめでたいニュースが日本列島を駆け巡るなか、韓国芸能界においてドラマ共演で縁を結んだカップルにも注目が集まっている。現在も幸せな日々を送るカップルから、残念ながら別れを選択してしまったカップルまで、韓国芸能人同士のカップル事情を紹介します。

今月19日に舞い込んできたビッグニュース。
2016年と今冬に放送されたTBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)』で共演した新垣結衣と星野源が結婚した事を発表した。祝福ムードが日本列島を駆け巡るなか、韓国をはじめとした海外からも多くの祝福が届けられている。

今回の嬉しいニュースのように、ドラマ共演を通じて縁を結んだカップルは韓国芸能界でも見られている。

世紀のカップルのサッドエンド

ドラマや映画で恋人役を演じたのをきっかけに恋人関係に発展し、その恋が成就し晴れて夫婦となったスターたち。
特に有名なのは、”ソンソンカップル”として親しまれていた、俳優のソン・ジュンギと女優のソン・ヘギョのカップルだ。

ソン・ジュンギとソン・ヘギョのソンソンカップルは"世紀のビッグカップル誕生"と祝福を受けた

“世紀のビッグカップル誕生”と祝福を受けた、ソン・ジュンギとソン・ヘギョのソンソンカップル(写真提供:©スポーツ韓国)

キム・ウンスク作家の手掛けたドラマ『太陽の末裔 Love Under The Sun』で恋人役を演じ、放送終了後の2カ月後に2人の熱愛説が浮上。当初は双方が否定したが、1カ月後には結婚を電撃発表し、多くのファンを驚かせたことは記憶に新しい。

“世紀のビッグカップル誕生”に、韓国をはじめ日本や中国といった海外からも祝福が届けられたが、結婚から2年余りで、お互いの”性格の不一致”を理由にレジェンドカップルはそれぞれの道を歩むことになった。

(関連記事)ソン・ヘギョ、離婚の理由が垣間見える?彼女が受け入れられない’嫌いな人’とは

ソンソンカップルと同じく、人々の関心を誘っていたのが、KBS2『ディア・ブラッド~私の守護天使』を通じて夫婦に発展したアン・ジェヒョンとク・ヘソンだ。
ドラマの放映終了後の翌年に結婚を知らせた2人は、バラエティー番組に出演し、微笑ましいほどアツアツの新婚夫婦ぶりを見せていた。

ク・ヘソンとアン・ジェヒョンは『ディア・ブラッド~私の守護天使』を通じて夫婦となった

『ディア・ブラッド~私の守護天使』を通じて夫婦となったク・ヘソンとアン・ジェヒョン(写真提供:©スポーツ韓国)

しかし、残念なことに彼らの結婚生活の最後は”泥沼”だった。
ク・ヘソンがSNSを通じてアン・ジェヒョンとの不仲を知らせ、これ以後、お互いに暴露が続いいた泥沼合戦となり、離婚訴訟にまで発展してしまった。

(関連記事)結婚期間3年・離婚期間1年‥ク・ヘソンが取り戻した満面の笑み

結婚と子宝という進行形’ハッピーエンド’

このように華やかな縁を結びながらも、残念ながら別れを選択せざるを得ないカップルもいたが、この一方で現在も尚、仲睦まじく愛を育んでいるカップルも多い。

SBS『ラストダンスは私と一緒に』で共演したチソンとイ・ボヨン。
これが縁となった2人は、チソンが軍を除隊してから恋人関係に発展。秘かに、そして温かく愛を育んできた彼らは、6年間という長い交際期間を経て、晴れて夫婦となった。
2015年には第一子となる女の子を、2019年には第二子である男の子が誕生し、家族が増えた彼らは今も幸せな日々を送っている。

公私ともに順調で幸せな日々を送っているチソンとイ・ボヨンカップル

チソンとイ・ボヨンカップルは公私ともに順調で幸せな日々を送っている(写真提供:©スポーツ韓国)

ほか、MBC『ハッピー・レストラン~家和萬事成~』で縁を結んだイ・サンウ&キム・ソヨンのカップルをはじめ、MBC『華麗なる誘惑』で恋人役を演じたチュ・サンウク&チャ・イェリョン、映画『レッド・ファミリー』の共演をきっかけに夫婦となったチョン・ウ&キム・ユミ、KBS2『TWO WEEKS』の出演を機に交際に発展したリュ・スヨン&パク・ハソンなど、数多くのカップルが結婚を発表し、新しい家族を誕生させている。

恋人役という演技を超えて恋愛に発展した芸能人カップルたち。最愛の伴侶とともに、公私とも充実した日々を送っているようだ。




ソン・ジュンギ

HISTORY D&C所属の俳優ソン・ジュンギ(ハングル 송중기)。1985年9月19日生まれ。

2008年ドラマ『霜花店 運命、その愛』でデビュー。

2010年に出演したドラマ『トキメキ 成均館スキャンダル』で一躍名を広め大ブレイクしたソン・ジュンギは以降、映画『私のオオカミ少年』、ドラマ『太陽の末裔』などに出演し人気を博した。

ソン・ジュンギ 最新記事はこちら(162)









ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs