現在、韓国をはじめ各国で放送され、大きな話題となっているドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』。もちろん、ここ日本でも反響を呼んでいる。そんな話題作が、本国で思わぬ議論を招いているそうだ。

現在、ヒーリングドラマとして、ここ日本でも話題となっている『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌(以下、ウ・ヨンウ)』だが、本国の韓国で、思わぬ議論が巻き起こっているようだ。

韓国ドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』

韓国ドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』(画像出典:ENAドラマ)

その議論とは、”模倣犯罪への憂慮”。問題を提起したのは、全国障害者保護者団体のユン・ジョンスル代表だ。

続きを読む

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs