日本での活動でテレビに出演するたびに新たなファンを取り込んでいくキム・ジェジュン、爆発的な歌唱力と観客の心を揺さぶる感性でミュージカル界ではなくてはならない存在となったキム・ジュンス、つらい時期を乗り越えて2020年は新たな一歩を踏み出すパク・ユチョン。彼らの2019年を振り返ってみようと思います。

日本の歌番組やバラエティー番組はもちろん、韓国のバラエティー番組でもセンス溢れるトークを見せたキム・ジェジュン。

ミュージカル俳優としての地位を築き、約10年ぶりに韓国の地上波放送で姿を見せたキム・ジュンス。

ラテン調の楽曲「Slow Dance」で新境地を切り開き、韓国と日本でのコンサートを成功裏に終えたパク・ユチョン。

2019年、彼らがどのような活動を繰り広げてきたのか、まとめてみました!

キム・ジェジュン

日韓で多忙なスケジュールを消化したキムジェジュン

日韓で多忙なスケジュールを消化したキム・ジェジュン(画像出典:キム・ジェジュン Instagram)

第13回アジアンフィルムアワード「Next Generation賞」や、第1回アジアコンテンツアワード、第36回日本ベストジーニストアワードなど数々の授賞式で、多くの賞を受賞して2019年を輝かせたキム・ジェジュン

日本でもソロアルバムやカバーアルバムなどをリリースし、テレビ番組でも沢山の姿が見られ、放送に出演するたびにツイッターでは「キム・ジェジュン」のワードがトレンド入りするなど、話題の絶えない年になりました!

アルバム

4月10日、日本デビュー後初の日本語オリジナル ソロ アルバム「Flawless Love」をリリース。

オリコン週間アルバムランキングで1位の成果を成し遂げ、自身のインスタグラムを通じて報告をしました。

(関連記事)JYJ ジェジュン インスタで 日本1stソロアルバムで初めての1位を獲得したと報告!

9月25日、日本でリリースしたカバーアルバム「Love Covers」で、オリコンチャートのデイリーアルバムランキングと、週間アルバムランキングで1位を独占。

NHKの音楽番組「うたコン」や、日本テレビ「ベストアーティスト」など様々な日本の音楽番組に出演し、改めて素晴らしい歌唱力を披露して新たなファンを取り入れました。

(関連記事)ジェジュン「Love Covers」オリコン1位! 後輩グループのMV出演でレジェンドな一面も

ライブコンサート

1月28日
J-JUN MONDAY NIGHT

4月10日~5月29日
JAEJOONG ARENA TOUR 2019 ~Flawless Love~

11月16日~17日
J-JUN LIVE 2019~Love Covers~

「~Love Covers~」では、元プロ野球選手で現在野球指導者の桑田真澄さんの息子であるMattさんとのコラボステージを繰り広げ、カメラアプリを使ってMatt化されたキム・ジェジュンが話題になりました。

(関連記事)ジェジュン「Matt化でJett様に?」コンサートでコラボステージ披露

テレビ番組

TV CHOSUN「恋愛の味(原題 연애의 맛)」

シーズン2の第4回からパネラーとして出演し、シーズン3でレギュラーメンバーとして出演しています。

ウィットに富んだトークのセンスを見せて、恋愛を楽しむ出演陣たちに率直な思いを伝えています。

(関連記事)JYJ ジェジュン 10年ぶりに韓国バラエティ復帰..ネット上で熱い関心

SBS Plus「ご飯はちゃんと食べているかい?(原題 밥은 먹고 다니냐)」

この番組に出演した当時、キム・ジェジュンは「恋愛を飛び越えて子供が欲しい」と発言し、視聴者や出演陣を驚かせて話題になりました。

(関連記事)ジェジュン「恋愛よりも子供がほしい」爆弾発言で撮影現場が和やかに

2020年の活動

韓国でニューアルバムのリリースと共に、1月18日・19日の2日間ソウルコンサート「2020 KIM JAE JOONG Asia Tour Concert in Seoul」の開催が決定。

日本では1月27日と1月31日に「J-JUN MONDAY&FRIDAY PARTY 2020」のイベントも開催される予定です。

また、1月から韓国で放送される単独リアルバラエティー番組「キム・ジェジュンの彼女探し~シーズン1~(仮題 여친찾기 시즌1)」の撮影を南米・アルゼンチンで行っており、新しいバラエティー番組でどのような姿を見せるのか、キム・ジェジュンの新たな魅力が見られることに期待が高まります!

TV番組にコンサート、どのようなシーンでも努力を惜しまないキム・ジェジュン、2020年も引き続き応援していきたいと思います!

キム・ジュンス

ミュージカル界でなくてはならない存在となったキムジュンス

ミュージカル界でなくてはならない存在となったキム・ジュンス(画像出典:キム・ジュンス Instagram)

第1回「ニューシス2019韓流エキスポ」にて、韓流文化大賞(ソウル市長賞)を受賞したキム・ジュンス

2019年もミュージカルでの活躍が目立ち、優れた演技力と圧倒的な歌唱力でミュージカル界には無くてはならない俳優に位置づけされました。

下半期にはラジオ番組やバラエティー番組に出演するなど、約10年ぶりの地上波番組への出演にファンたちから喜びの声が溢れました!

(関連記事)キム・ジュンス 名実共に熱い韓流の主役「韓流文化大賞受賞の栄誉に輝く」

ミュージカル

~2月10日
「エリザベート」死(トート)役

6月15日~8月4日
「エクスカリバー」アーサー役

「エクスカリバー」では、王になる運命を持って生まれながら、その運命に揺れ動くアーサー役を演じたキム・ジュンス。

爆発的な歌唱力と観客の心を揺さぶる感性、輝くカリスマの演技で高い評価を受けて、チケットパワーも証明しました!

(関連記事)キム・ジュンス「エクスカリバー」終幕.. ミュージカル俳優として伝説は続く

ライブコンサート

4月12日~14日
2019 WAY BACK XIA TOUR CONCERT in JAPAN

品格のあるライブはもちろん、感覚的なステージ演出と華やかなパフォーマンス、被り物をつけて可愛らしい一面を披露するなど、多彩な見どころでキム・ジュンスの魅力を惜しみなく披露したコンサートになりました。

(関連記事)JYJ ジュンス 日本コンサート 大盛況! 神戸のファンを歴代級のファンサービスで魅せた。

12月28日・29日(ソウル)
XIA Ballad&Musical Concert with Orchestra Vol.6

ラジオ・テレビ番組

12月2日
KBSクールFM「パク・ミョンスのラジオショー(原題 박명수의 라디오쇼)」

12月11日
MBC新パイロット番組「共有の家(原題 공유의 집)」

ラジオ番組では、収入に関する際どい質問も上手に交わし、「共有の家」ではラグジュアリーな自宅を紹介。

これまで約10年間、テレビの放送活動をしようと努めてきたキム・ジュンスですが、その都度白紙になってしまったと語り、今までテレビ番組に出演しなかったのは自身の意思ではなかったことが伺えました。

(関連記事)キム・ジュンス「テレビ復帰 10年間何度も白紙.. 制作陣に感謝」心境告白

2020年の活動

1月2日に放送される演歌オーディション番組「ミスター・トロット」でマスター(審査員)を務めたキム・ジュンス。

特に、10代の参加者たちの優れた歌の実力を目の当たりにしたキム・ジュンスは、感動で涙を流す様子が捉えられ、番組への期待感がより一層高まりました。

2月11日からは、ソウル・シャルロッテシアターで開幕するミュージカル「ドラキュラ(DRACULA)」で再びミュージカル界に戻ってきます。

2020年もミュージカル界のブルーチップ(超優良株)としてどのような話題が浮かび上がるのか、また、どのような記録を打ち立てるのか、より一層活発的な活動を見せていくキム・ジュンスの姿から目が離せませんね!

(関連記事)キム・ジュンスが見せた涙.. 韓国有名演歌番組審査員になり参加者の実力に感動

パク・ユチョン

中毒性のある「Slow Dance」で新境地を切り開いたパクユチョン

中毒性のある「Slow Dance」で新境地を切り開いたパク・ユチョン(画像出典:cjesエンターテインメント Instagram)

2月27日にリリースされたソロアルバム「Slow Dance」は、ラテン調のダンス曲で、甘く柔らかなパク・ユチョンの歌声とよくマッチしていて、繰り返される「I wanna slow dance」のサビ部分が印象的で、何度も聴きたくなるような中毒性があり耳元を惹きつけました。

ジャケット写真では、クールでエレガントな身のこなしを披露した一方で、時に少年のようなあどけない微笑みを覗かせるなど、多彩なコンセプトのパク・ユチョンを感じることが出来ました。

(関連記事)パク・ユチョン、ラテン系「Slow Dance」で“洗練されたカリスマ感”を披露!

ライブコンサート

3月2日
2019 PARK YUCHUN TOUR SLOW DANCE IN SEOUL

3月4日・5日、19日~21日
2019 PARK YUCHUN TOUR CONCERT ‘SLOW DANCE in JAPAN’

会場をダンスフロアに一変させた「SLOW DANCE」コンサート。

バンドによる生演奏をバックに華やかなステージを作り上げ、一層アップグレードしたダンスを披露した一方で、トークではソフトな声で優しく語り掛け「これからも皆さんの横にいますからね、今後も一緒に行きましょうね」と、ファンと次回また会うことを誓ってくれました。

(関連記事)JYJ ユチョン「SLOW DANCE」日本ツアー完走「爽やかで春らしいライブ!」

薬物の投薬疑惑

4月4日:財閥の孫娘が麻薬の使用で逮捕された際、警察の調査で「2015年以降、麻薬を断とうと思ったが芸能人A氏から勧誘を受けて再び投薬することになった」と述べ、この「芸能人A氏」がパク・ユチョンなのではないかと推測されたことが事の始まりでした。

4月10日:パク・ユチョンは自ら緊急記者会見を行い「自身は芸能人Aではありません。自身は決して麻薬はしていません」と否認して潔白を主張。

4月23日:会見での主張とは違い、薬物の陽性反応が出ます。

4月25日:パク・ユチョンの法律代理人が「麻薬はしていないが、どのようにして薬物が体内に入ったのか調査をしている」と発言。

4月26日:水原(スウォン)地方裁判所で拘束前の被疑者尋問(令状実質審査)が行われ拘束。

4月29日:パク・ユチョンは一連の疑惑を認めました。

5月3日:検察に送検。

7月2日:懲役10ヶ月・執行猶予2年を言い渡され、拘束から約2ヶ月ぶりに釈放。

パク・ユチョン本人はもちろん、家族や知人、ファンの皆さんにとってとても苦しい3ヶ月間だったのではないかと思います。

超人気アーティストであるが故に、日本でも大きなニュースとして報じられました。

(関連記事)パク・ユチョン 懲役10ヶ月・執行猶予2年の宣告..拘束から2ヶ月ぶりに釈放

2020年の活動

1月25日
LOVE ASIA with PARK YUCHUN

タイ・バンコクで社会奉仕活動の一環として行われるファンミーティング プロジェクトに参加することになったパク・ユチョン。

7月の釈放当時、水原拘置所の外でマスコミに囲まれてインタビューを受けた際に語った「社会で多くの奉仕をしながら頑張って生きていくよう努力致します」という言葉を実現させるべく第一歩を踏み出します。

韓国のみならず、日本でもパク・ユチョンに向けた厳しい意見が見られることも事実です。

しかし、このような反響を受けながらも、すでに前を向いて歩み始めているパク・ユチョンに、2020年もエールを送って行きたいと思います。

(関連記事)パク・ユチョン「有言実行」社会奉仕活動の一環としてタイで特別プロジェクト開催