麻薬使用疑惑で2ヶ月以上拘束されていた元JYJのパク・ユチョンに、懲役10ヶ月・執行猶予2年(求刑懲役1年6か月)の有罪判決が言い渡された。

麻薬使用疑惑をもたれている、歌手で俳優のパク・ユチョン(ハングル 박유천)が実刑を免れた。

ユチョン パクユチョン 麻薬 疑惑

今年4月、京畿(キョンギ)南部地方警察庁に足を運んだ際のユチョン(写真提供:©スポーツ韓国)

裁判所は「麻薬類の犯罪に対しては厳しい処罰が必要だが、拘束されていたパク・ユチョンさんに対しては拘禁よりも社会復帰への機会を付与することが適切だと判断した」と伝えた。

水原(スウォン)地裁刑事4単独キム・ドゥホン判事は2日、この事件に対する公判でパク・ユチョンに対して懲役10か月・執行猶予2年を宣告し、保護観察および薬物治療、追徴金140万ウォン(約13万円)を言い渡した。

キム判事は量刑理由について「麻薬類の犯罪は中毒性があり、個人的・社会的弊害が深刻で厳しく処罰する必要がある」としながらも「しかし被告人(パク・ユチョン)は拘束されて以降、犯行を認めて誤りを反省する態度を見せており、初犯であるうえに2か月以上の拘束期間を経て反省の機会を持った点などを考慮すると、現段階では執行猶予を宣告し社会復帰への機会を付与することが刑罰の目的に妥当だと考えられる」と説明した。

これで4月末以降、2ヶ月以上拘束された状態で捜査と裁判を行ってきたパク・ユチョンは、ようやく水原拘置所から解放され家族の元に帰ることが出来ることとなる。

黄土色の囚人服を着て、両手を寄せられながら裁判所の説明に耳を傾けていたパク・ユチョンは、宣告が言い渡されると挨拶をして法廷を後にした。

ユチョン パクユチョン 麻薬 疑惑

2ヶ月以上の拘束期間を経てようやく解放..取材陣のインタビューに応じるユチョン(画像出典:YTN NEWS 動画キャプチャー)

水原拘置所の外に出てきたパク・ユチョンは、ファンの方々に一言お願いしますという取材陣の質問に「本当に申し訳ございませんでした」と涙を見せ、控訴予定があるのかという質問には「一生懸命、正直に生きます」と言葉を慎んだ。

この日の法廷前には、早い時間から韓国と日本のファンたちが長蛇の列を作っており、裁判中に座席が足らず多くの人々が立っている状態だった。

執行猶予の宣告を聞いた一部のファンは、第1審で検察が求刑した懲役1年6か月に比べると軽くなった判決に胸をなでおろし、涙を流す姿も見られたという。

一方、パク・ユチョンは、今年2月から3月に元恋人のファン・ハナと3回にわたりヒロポン1.5gを購入し、所持していたヒロポンをファン・ハナと共に投薬した容疑で起訴された。

また、パク・ユチョンと同じく麻薬の投薬容疑で拘束されているファン・ハナに対する次の公判は、今月10日午後2時に開かれる予定だ。


釈放後インタビューに応じるパク・ユチョン..涙を流しながら反省(動画出典:YouTube YTN NEWS)
ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。