アメリカを始めとする世界各地での活動が目立った一方で、韓国内でも「第33回ゴールデンディスクアワード」や「2019 Mnet アジアンミュージックアワード」など多くの授賞式で賞を獲得してきたMONSTA X。2019年は彼らやファンにとって様々な出来事がありました。Danmeeの記事を通じて、今一度MONSTA Xの2019年を振り返ってみたいと思います。

韓国内での活発的な活動はもちろん、アメリカの放送局からの招待を受けてステージを開催し、英語でインタビューを受けている様子が頻繁に伝えられたMONSTA X(モンスタエックス)。

海外各地を駆け巡り、多忙な日々を送っていた中でも、沢山の来日で日本のファンとの触れ合いも大切にしてくれた印象があります。

今年、MONSTA Xはどのような活動を繰り広げて来たのか、今一度振り返ってみましょう!

2019年のMONSTA X

2019年のMONSTA Xの活動を振り返ってみましょう

2019年のMONSTA Xの活動を振り返ってみましょう!(画像出典:MONSTA X Twitter)

日本でのアルバム リリースに伴い、コンサートやハイタッチ会でファンとの疎通を大切にし、地上波放送「スッキリ」に出演してパワフルなパフォーマンスで視聴者を魅了したMONSTA X。

6月に韓国とノルウェー修交60周年を迎えてムン・ジェイン大統領とノルウェー国王が参加した席で祝賀公演を行い、華麗なパフォーマンスを披露して話題になりました。

また、アメリカABC放送局やNBC放送局など、数多くのアメリカの媒体からイベントに招待されて海外を飛び回っていたMONSTA Xは、K-POPアイドルとして初めてアニメーション「We Bare Bears」に出演しました。

(関連記事)MONSTA X 出演アニメ「We Bare Bears」29日韓国で放送.. 熱い反応を期待

テレビ出演

6月18日
日本テレビ「スッキリ」

真っ白な衣装で登場したMONSTA Xは、迫力ある「Alligator」のパフォーマンスでセクシーな一面を魅せた一方で、トークの際には「アンニョン クレオパトラゲーム」でおちゃめな姿を披露。

放送終了後には、「MONSTA X 右」というワードがツイッター(Twitter)で盛り上がりました。

この日の放送で、画面に向かって“右側”に居たメンバーは、ヒョンウォン。

高身長でお人形のようなスタイル、そしてまるで漫画の世界から飛び出してきたような美しいヒョンウォンに、視聴者の皆さんが驚きを隠せなかった様子が伝わり、大きな反響を見せて話題となりました。

(関連記事)MONSTA X 6月18日 日テレ「スッキリ」に生出演!

アルバム

2月18日
フル2集「TAKE.2 WE ARE HERE」
タイトル曲「Alligator」

3月27日(日本)
5枚目シングル「Shoot Out」

6月14日(アメリカ)
「WHO DO U LOVE?」

6月12日(日本)
6枚目シングル「Alligator」

8月21日(日本)
フル2集「Phenomenon」

10月28日
ミニアルバム「FOLLOW:FIND YOU」
タイトル曲「Follow」

タワーレコードが発表した、2019年上半期チャートの「K-POPシングルトップ10」で、3月にリリースした「Shoot Out」が1位となり、6月にリリースした「Alligator」が2位にランクインし、日本で快挙を成し遂げました!

(関連記事)MONSTA X タワレコ K-POPシングルチャート1位・2位快挙!

ライブ・コンサート

1月5日(ソウル)
FAN-CON「PICNIC」with MONBEBE

4月13日~
ワールドツアー「2019 MONSTA X WORLD TOUR:WE ARE HERE」

4月27日~(日本)
「JAPAN FAN CONCERT 2019「PICNIC」」

5月18日(日本)
「KCON 2019 JAPAN」

8月21日~(日本)
「2019 MONSTA X WORLD TOUR“WE ARE HERE”IN JAPAN」

8月31日(ジャカルタ)
「V HEARTBEAT in Jakarta」

9月28日(ドイツ)
「Finger Heart Festival」

12月9日~(アメリカ)
「Jingle Ball」

12月10日(アメリカ)
「NY シャネルNo.5 In The Snow」

12月17日・12月18日(日本)
「Christmas Party 2019」

12月21日(サウジアラビア)
「MDL BEAST FEST」

12月に日本で開催された「Christmas Party 2019」では、アンコールの際の掛け声で7人のメンバーたちの名前がファンたちによってコールされた事が話題になりました。

日本での活動の後、すぐにサウジアラビアのステージに立ったMONSTA Xは、中東の夜も熱くさせました。

(関連記事)MONSTA X 年末多忙! 日本の次は何とサウジ.. 中東を熱い夜にした’モネク’エネルギー

ウォノ脱退

ウォノのスピード脱退は、MONBEBE(モンベベ / MONSTA Xのファン)だけではなく、多くのK-POPファンに衝撃を与える出来事となりました。

10月25日:MeToo運動に関する論議に巻き込まれる(今年3月に行われたサイン会での発言が、なぜこの時期に矢面に立ったのかと疑問視されました)

10月29日:韓国のイシューメイカーに「一体いつお金を返してくれるの?」と言われ、事務所は「ウォノと関連したデマは事実ではない。法的措置を検討」とコメント。

10月30日:「〇〇拘置所〇〇疑惑」とウォノの過去が暴露され、疑惑とデマが益々広がります。

10月31日:事務所がウォノの脱退を知らせ、ウォノはファンカフェに直筆でコメントを残しました。

11月1日:ディスパッチによる大麻吸引疑惑。事務所側がウォノとの契約を解約しました。

大麻の吸引疑惑が浮上した際、今年の9月に警察が内密調査を始めたと報じられましたが、確実な証拠が各種媒体の記事に記載されていません。

さらに11月に韓国メディアが一斉に「警察が捜査に着手」と報じましたが、その後の結果がどこにも書かれていないことに疑問が残ります。

(関連記事)ウォノ(MONSTA X)脱退の論議.. 事務所の対応とメディアの報道を疑問視するファン

ファンの動き

ウォノが脱退すると、すぐにファンたちは所属事務所の社屋にポストイットを貼り付けるなど、ウォノの脱退発表の撤回を要求。

そのような中、ファンの想いに共感したアメリカの有名な作曲家Drew Ryan Scott(ドリュー・ライアン・ スコット)氏が、MONBEBEとMONSTA Xに向けた楽曲を制作し、その歌詞の温かさが話題になりました。

(関連記事)モンベベに捧げる楽曲ついに公開.. 温かな歌詞でMONSTA Xのファンを感動の渦に

2020年の活動

2020年2月にリリースされる「ALL ABOUT LUV」

2020年2月にリリースされる「ALL ABOUT LUV」(画像出典:MONSTA X Twitter)

2020年2月14日に、全曲英語詞のアルバム「ALL ABOUT LUV(オール・アバウト・ラヴ)」をリリース。

同作からのニューシングル「MIDDLE OF THE NIGHT(ミドル・オブ・ザ・ナイト)」が、ミュージックビデオと共に解禁されました。

また、毎年ワールドツアーを開催しているだけに、2020年もツアーの一環として日本でもコンサートが開催されることに期待がかかりますね!

2019年12月に、メンバーのジュホンがコンディションの悪化で一時的にスケジュールをお休みしたことがありますが、2020年も多忙なスケジュールの中でメンバーたちが体調を壊さないことを願うばかりです。

(関連記事)MONSTA X ‘MIDDLE OF THE NIGHT’ MV