韓国メディア・スターニュースは、tvN(Netflix)ドラマ『ヴィンチェンツォ』が1週放送が休止された理由について、最終回の台本執筆遅れによるものだったと報じている。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

最近人気を博しているソン・ジュンギの主演ドラマ、tvN(Netflix)『ヴィンチェンツォ』の放送休止理由が明らかになった。

ソン・ジュンギ

人気を博している『ヴィンチェンツォ』で主演を務めるソン・ジュンギ。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

今月21日、韓国メディア・スターニュースによると、『ヴィンチェンツォ』は、23日に撮影が終了する予定だという。

最近、ようやく最終回の台本が仕上がり、今月17日までに出演俳優や関係者に順次配布され、結末が外部に流出しないよう箝口令(かんこうれい)が敷かれた。

現在まさに最終回の撮影が進行中で、23日を目処に、遅くとも週末までに、全ての撮影を終える計画だ。制作陣は撮影最終日から、5月2日の放送終了前まで、編集作業などの放送準備に追われるという。

なお、今月17日、18日の本放送休止理由は、最終回の台本執筆が遅れたためだったとのこと。この影響で、17話はスペシャル番組に、18話は『どういうわけか社長』の再放送に変更。25日の20話放送後に、最終回が1週間延期されるよう、計画が見直された。

スターニュースは、「『ヴィンチェンツォ』制作陣が、当初明かした”ドラマの完成度を高めるため”という理由とは異なり、”最終回の台本執筆遅れによる放送休止”だった。演出家と作家が、エンディングをめぐって頭を悩ませたため」と報じている。

『ヴィンチェンツォ』は、組織の裏切りで韓国にやってきた、イタリアマフィアの弁護士を務めるヴィンチェンツォ(ソン・ジュンギ)が、冷血ベテラン弁護士ホン・チャヨン(チョン・ヨビン)とともに、悪をもって、悪を制するストーリーだ。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

人気ニュース

ソン・ジュンギ 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース