• 『財閥家の末息子(JTBC)』が視聴率19.4%を記録し、今年の超話題作『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌(ENA/Netflix)』を超える人気を見せている。
  • そんな中、20代前半の主人公を演じるソン・ジュンギの衰えを知らないルックスが視聴者を驚かせた。
  • 実年齢37歳の彼が、シワ1つない美しい肌を披露できた理由をご紹介。

『財閥家の末息子(JTBC)』が、ドラマファンから大きな支持を得ています。

『財閥家の末息子(JTBC)』

『財閥家の末息子(JTBC)』(画像出典:JTBC)

初回放送以降、最高視聴率を更新し続け、最新話である第8話ではなんと19.4%を記録、今後20%越えを果たすのではないかと期待が寄せられている状況。

[expander_maker id=”1″]

しかも、今年の超話題作『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌(ENA/Netflix)』が叩き出した17.5%という高い視聴率を既に超えており、凄まじい人気を見せています。

また一部視聴者の間では、早くも「2022年最高のドラマになるだろう」との声が上がっているほどです。

そんな話題作の主演を務めているのが、韓国を代表するイケメン俳優ソン・ジュンギ。

俳優ソン・ジュンギは、『財閥家の末息子』で主演を務めている

『財閥家の末息子』で主演を務めている俳優ソン・ジュンギ(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

ドラマのストーリーもさることながら、彼の衰えを知らないルックスに現在熱い視線が注がれています。

それもそのはず、実年齢37歳(日本年齢)にして、20代前半の主人公を違和感なく演じたから。

ソン・ジュンギは、20代前半の主人公を違和感なく演じた

20代前半の主人公を違和感なく演じたソン・ジュンギ(画像出典:『財閥家の末息子』映像キャプチャー)

彼が担当しているは、無念の死を遂げた財閥一家スンヤングループのリスク管理をする秘書で、後に財閥家の末息子に生まれ変わった役。自身に濡れ衣を着せ、死に追いやったスンヤングループへの復讐を目論んでいる人物です。

転生したことで、物語の舞台が現在から1987年へ遡り、自ずとソン・ジュンギは主人公の若かりし頃を演じることに。

年齢の面で少々無理のある役柄とも言えますが、彼はシワ1つない美しい肌で見る者を驚かせました。それは誰もが目を疑うほど。

ソン・ジュンギは、シワ1つない美しい美肌が注目された

シワ1つない美しい美肌が注目されたソン・ジュンギ(画像出典:JTBC)

しかしこれには理由があり、実は映像が補正されていたのをご存じでしょうか。

もちろんソン・ジュンギの日々のお手入れや努力、元々ベビーフェイスであることが前提の上に成り立ったものです。

しかし人間である以上、年齢を重ねれば誰しも若い頃とは異なりルックスに変化が訪れるもの。このため、20代の役を演じたソン・ジュンギは肌に修正が加えられていたそうです。

ソン・ジュンギは、肌が補正されていた

肌が補正されていたソン・ジュンギ(画像出典:JTBC)

近年韓国のドラマ界では、同技術の使用がデフォルトになってきているのだとか。

事実本作同様、過去に戻る設定だったSBSドラマ『アゲイン・マイ・ライフ』でも、大学生役に扮したイ・ジュンギに補正がされていたそうです。

イ・ジュンギは、『アゲイン・マイ・ライフ』に出演した

『アゲイン・マイ・ライフ』に出演したイ・ジュンギ(画像出典:NAMOOACTORS)

ファンタジー要素を含んだ作品が増えている昨今、現在から過去まで1人の俳優が演じるには必要な技術。今後も韓国ドラマの”慣例”として続いていきそうです。

しかしその一方で、ある問題点を抱えていると言われています。それは、少しでも綺麗に映りたいという演技者の思い。

ソン・ジュンギやイ・ジュンギは、視聴者の作品への没入度を妨げない目的で補正を取り入れましたが、中には老いを隠すため、映像に手を加えるよう無理に要求する女優や俳優がいるのだとか。

制作者側の立場としては、時間がかかる作業はできるだけ避けたいもの。ドラマの現場では、この現状に愚痴をこぼすスタッフもいるそうです。

また、あまりに極端な補正が施された場合、視聴者がそちらに気を取られてしまいストーリーの妨げになるとも考えられます。

果たして今後、韓国ドラマはどのようになっていくのでしょうか、気になるところです。

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(487件)






[/expander_maker]

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs