• クォン・サンウとオ・ジョンセが主演を務める映画『Switch』の国内公開日が2023年1月4日に決定した。
  • 『Switch』は、華麗なシングルライフを満喫していたトップスターが、クリスマスに人生が180度変わる瞬間を迎え展開される物語。
  • 共演のイ・ミンジョンも「クォン・サンウとオ・ジョンセの“役割の逆転”が注目観戦ポイント」と明かし“スイッチケミ(相性)”に対する期待感を加えている

クォン・サンウとオ・ジョンセが主演を務める映画『Switch』の国内公開日が2023年1月4日に決定した。

映画『Switch』はクォン・サンウとオ・ジョンセがダブル主演

クォン・サンウとオ・ジョンセがダブル主演を務める映画『Switch』(画像出典:movie.naver)

『Switch』は、キャスティング0位の千万俳優であり、自他共に求めるスキャンダルメーカー、華麗なシングルライフを満喫していたトップスターが、クリスマスに人生が180度変わる瞬間を迎え、繰り広げられる物語。

[expander_maker id=”1″]

無名時代から苦楽を共にした親友であり、同時にトップスターとマネージャーという愛憎の関係を通じて、クォン・サンウとオ・ジョンセが熱狂の*ティキタカを披露する。

トップ俳優のパク・ガンを演じたクォン・サンウ

スキャンダルメーカーにしてトップ俳優のパク・ガンを演じたクォン・サンウ。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

*ティキタカ:元々はサッカー用語で、パスをメインに試合を展開する戦術を指す。それほどに息の合った演技という意。

クォン・サンウは“人生スイッチ”という設定について「鏡を見るような、微妙な感じが面白かった。映画一本で、2つの味を感じることができる」と自信を見せ、一方のオ・ジョンセは「極と極の2人の人物が、互いにスイッチされた時に起きる状況が、観客を愉快へと近付ける」と言い、満足感を表わした。

マネージャーのチョユンを演じたオ・ジョンセ

パク・ガンの大切な友人でありマネージャーのチョユンを演じたオ・ジョンセ。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

共演のイ・ミンジョンも「クォン・サンウとオ・ジョンセの“役割の逆転”が注目観戦ポイント」と明かし“スイッチケミ(相性)”に対する期待感を加える。

メガホンを取ったマ・デユン監督は「実際に作品のような状況を目の当たりにしたことがあり、そんな2人の対比された状況が、映画の中に表現されれば面白そうだと思った」として『Switch』を企画することになった背景に言及。

また「シンプルなナレーションで、豊かな感情が表れるように、俳優陣の演技を盛り込むことに集中した。特に、同じ衣装を着たクォン・サンウとオ・ジョンセという、2人の俳優のデカルコマニーのようなビジュアルで、皮肉な状況を浮き彫りにして見せたかった」と、演出のキーポイントを伝え、同じ状況、他の人物が描き出す映画の中の場面に対する好奇心を増幅させた。

(構成:Danmeeニュース部)

[/expander_maker]

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs