Netflix(ネットフリックス)の快進撃により日本に再び巻き起こった韓流ブーム。その火付け役となったのは、tvN『愛の不時着』とJTBC『梨泰院クラス』だろう。では現在、王座に君臨している作品とは一体どのドラマなのだろうか。

いまや娯楽の1つとして定着した、韓国ドラマ。
だが、ひと昔前は韓ドラを楽しむ方法はDVDやケーブルテレビと限られており、その選択肢自体が少なかった。

しかしここ最近、世界中が余儀なくされたおこもり生活により、動画配信サービスの需要が激増。これに伴い、Netflix(ネットフリックス)では過去の名作とともに、最新の韓国ドラマを放送するようになった。

手軽に視聴できることから、韓流ファンはもちろん、これまで韓流とは縁遠かった人や苦手意識のあった人たちも視聴するようになり、もはや1つのカルチャーとして日本に根付いている。

『愛の不時着』と『梨泰院クラス』は韓流ブームの火付け役となった

韓流ブームの火付け役となった『愛の不時着』と『梨泰院クラス』(写真提供:©スポーツ韓国、画像出典:tvN)

この火付け役となった作品は、tvN『愛の不時着』とJTBC『梨泰院クラス』だろう。

コロナ禍のほぼ同時期に放送されたことを追い風に、世界的な人気を得た両作品。今回の韓流ブームをけん引し、言わば初代王座を争った作品とも言える。

ドラマの人気はそのまま主演俳優にも反映され、ヒョンビン(『愛の不時着』)、パク・ソジュン(『梨泰院クラス』)は韓国を代表する俳優となった。

ヒョンビンとパク・ソジュン

ヒョンビン(左)とパク・ソジュン(右)(画像出典:VASTエンターテインメント、Awesome Ent)

そんな抜きつ抜かれつの熾烈な人気合戦を制したのは、以前から知名度のあったヒョンビン。
配信から数年経った現在でも、『愛の不時着』はNetflixのランキング、日本のTOP10に頻繁にランクインするほどの人気を見せている。また、ヒョンビンの過去の出演作も多く配信されていることから、さらに人気を得たようだ。

しかし、パク・ソジュンも負けてはいない。
彼はこの作品をきっかけに世界各国の映画関係者の目に留まることとなる。現在、アメリカのハリウッド映画『キャプテン・マーベル2』から出演オファーが届いており、ワールドワイドな活躍が期待される韓国俳優として注目を集めている。

(関連記事)来日なしで第3次韓流ブームの顔となったパク・ソジュン、快進撃の1年を振り返る

熱い盛り上がりを見せる、Netflixによる新・韓流王の戦い。

『愛の不時着』と『梨泰院クラス』の熾烈な戦い以降、tvN『サイコだけど大丈夫』、SBS『ザ・キング:永遠の君主』、tvN『スタートアップ:夢の扉』など数々の作品が配信されたが、話題にはなるものの王座に就くことは叶わなかった。

『ヴィンチェンツォ』は日韓で絶大な人気を得た

日韓で絶大な人気を得た『ヴィンチェンツォ』(画像出典:tvN)

そのような中、大作を待ち焦がれる視聴者の前に現れたのが、ソン・ジュンギ主演tvN『ヴィンチェンツォ』だ。
ブームが冷めつつある時期にタイミングよく配信され、韓ドラファンの乾いた心をを潤す作品となった。

ソン・ジュンギのドラマ復帰作であり、新進気鋭女優のチョン・ヨビン、実力派俳優となったテギョン(2PM)というゴールデンメンバーが顔を揃え、斬新な視点と展開で繰り広げた痛快ダークヒーロー劇は、向かうところ敵なしというほど高い人気を得ている。

果たして2021年下半期は、『愛の不時着』、『梨泰院クラス』、『ヴィンチェンツォ』という強者と肩を並べる作品は登場するのか、期待して待ちたい。

(関連記事)ソン・ジュンギ、離婚と交際説で泣きっ面に蜂・・スター俳優を救った’ヴィンチェンツォ’



ヒョンビン

韓国の人気俳優ヒョンビン(ハングル 현빈)。1982年9月25日生まれ。

2003年にKBSのテレビドラマ『ボディガード』(2003)でデビュー。

2005年にMBCドラマ『私の名前はキム・サムスン』(2005)で大ブレイク。韓流スターとして、韓国や日本、中国をはじめアジア全域で人気を博している。

ヒョンビン プロフィール&記事(161)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

ヒョンビン 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース