女優兼コメディアンであるキム・ヒョンスクが離婚を発表した。tvNを代表するシーズン制ドラマで長年に渡り主演を務め、根強いファンを持っていた彼女の突然の便りにドラマファンは驚きを隠せないよう。

韓国のケーブルテレビ局・tvNで長年に渡り放送され、お茶の間の”お馴染み番組”となっているドラマ『ブっとび! ヨンエさん』。日本でいうところの『渡る世間は鬼ばかり』のような放送形態で、いつもそばに居てくれるような安心感を放っている作品だ。

2007年に放送をスタートした本作でタイトルロールの”ヨンエさん”役を務めているのが、女優でありコメディアンでもあるキム・ヒョンスクだ。

『ブっとび! ヨンエさん』でヨンエさん役を務めるキム・ヒョンスク

女優兼コメディアンのキム・ヒョンスク(画像出典:キム・ヒョンスク公式Instagram)

ドラマを通じて国民から親しみを抱かれているキム・ヒョンスクが、今月9日に性格の不一致により離婚調整中であることを明らかにした。2014年に同い年の一般人男性と結婚し、翌年2015年に長男が誕生。幸せに包まれた結婚生活だと思われたが、結婚6年目にしてピリオドを打つことになりそうだ。
この知らせを受け、ドラマファンからは驚きや残念がる声とともに多くのエールも届けられている。

キム・ヒョンスクがこれほどまでに国民から親しまれている理由は、前述したドラマ作品を通じてお茶の間を笑いに包み、和ませていたからだろう。

『ブっとび! ヨンエさん』は、CJグループ傘下の有料準総合編成チャネルとして2006年に発足した放送局tvNが、開局の間もない2007年にスタートさせたドラマだ。
放送局として産声をあげたばかりの、様々な模索をしていた時期に放送された作品で、事実上、”ドラマ王国”としての創始期を位置づけるのに最も貢献した親孝行な番組と言える。

tvNはその後、ドラマ『応答せよシリーズ』『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』『愛の不時着』と良質な作品を続々と世に送り出し、地上波放送局(KBS、MBC、SBS)を脅かす存在へと成長、遂には”ドラマ王国”と呼ばれるようになった。

『ブっとび! ヨンエさん』はtvNが誇る長寿ドラマ

tvNが誇る長寿ドラマ『ブっとび! ヨンエさん』(画像出典:tvN)

『ブっとび! ヨンエさん』は、2007年4月20日に初放送が始まり、2019年4月26日までシーズン17回に渡って放送された韓国最長寿のシーズン制ドラマで、別名”tvNの開局功臣”と呼ばれている。13年以上に渡って放送された作品だけに、エピソード数だけで見ると301本もの数が放映され、多くの固定ファンを掴んだ。

シーズン1から17まで主人公イ・ヨンエ役はキム・ヒョンスクが、ナレーションは声優のパク・ヒョンウクが演じている。ドキュメンタリードラマというコンセプトをもとに、当時、映画『親切なクムジャさん』で国民を魅了した女優と同名のイ・ヨンエを名乗り、外見は平均以下という女性主人公と、その周辺人物を通じて庶民の日常と喜怒哀楽を現実的に描き出している。

多くの共感から根強いファンを誕生させた長寿ドラマシリーズで主演を務め、tvNを”ドラマ王国”に導いた立役者であるキム・ヒョンスク。ドラマの中では家族や子ども想いであったが、実生活では荒波が立っていたようだ。まだ離婚には至っていないものの、彼女の幸せを願うドラマファンはその行く末を見守っている状態だ。