• イ・ヨンエの新作ドラマ『マエストロ』に、ドラマファンからの期待が高まっている。
  • 彼女が主演を務めた21年前の大ヒット作『宮廷女官チャングムの誓い(MBC/2003)』には、チェ・ジャへがチャングムの友人として登場していた。
  • そんな彼女の女優人生の一部と、人生の第2幕を迎えた意外な近況をご紹介。

イ・ヨンエが、『調査官ク・ギョンイ(JTBC/2021)』以来久しぶりにお茶の間に帰ってきます。

イ・ヨンエは女優

女優のイ・ヨンエ(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

彼女が出演するのはドラマ『マエストロ』。放送時期は未定ですが、役者として高い実力を誇る彼女だけに既にドラマファンから期待が寄せられている状況です。

[expander_maker id=”1″]

そんなイ・ヨンエの代表作といえば、21年前の大ヒット作『宮廷女官チャングムの誓い(MBC/2003)』ですが、本作には彼女以外にも多くの俳優陣が出演し、作品を大いに盛り上げていました。

『宮廷女官チャングムの誓い(MBC/2003)』は、21年前の大ヒット作

21年前の大ヒット作『宮廷女官チャングムの誓い(MBC/2003)』(画像出典:MBC)

その中の1人がチェ・ジャヘです。チャングム(イ・ヨンエ扮)とは見習い時代からの友人で、彼女が働く水刺間(スラッカン)の女官ノ・チャンイ役でした。

チェ・ジャヘは女優

女優のチェ・ジャヘ(画像出典:チェ・ジャヘ公式Instagram)

優しい性格を持ち、食いしん坊でよくつまみ食いをするキャラクターだった彼女。日本でも話題となった作品だけに、覚えている人は多いのではないでしょうか。

2020年の『パンドラの世界 ~産後ケアセンター~(tvN)』を最後に現段階でドラマには出演していませんが、『宮廷女官チャングムの誓い(MBC/2003)』以降、お茶の間で活躍してきました。

女官ノ・チャンイ役を演じたチェ・ジャヘ

女官ノ・チャンイ役を演じたチェ・ジャヘ(画像出展:MBCドラマ)

その中には、『春のワルツ(KBS2/2006)』や、『製パン王 キム・タック(KBS2/2010)』なども含まれています。

昔からの韓ドラファンなら見覚えがあるはず。前者ではヒロインを務めたハン・ヒョジュの友人役を、後者ではキム・タックの腹違いの姉役を演じていました。

そして2010年に結婚し、2011年から芸能界を一時離れることに。その後2017年に『青の食堂~愛と輝きのレシピ~(SBS)』で復帰しています。

気になる現在ですが年齢は41歳(日本年齢)になり、人生の第2幕を迎えています。

なんと女優業に加えインテリアデザイナーとしても活動しているのだとか。

昨年7月26日、自身のインスタグラムで資格を取ったことを知らせた彼女は、自分のことを新米であると言い、まだ分からないことが多いと明かしました。

その上で、「新しい事にトライするのはワクワクする反面、大きな心配と怖さがある」、「でも挑戦中。本来は役者だけど、もう1つの仕事も全力で」という言葉を残しています。

一緒に公開された写真には、あるアパートの解体現場で自撮りした彼女の姿が。

インスタグラムに写真を公開したチェ・ジャヘ

チェ・ジャヘがインスタグラムに公開した写真(画像出典:チェ・ジャヘInstagram)

これに触れた女優仲間のパク・タミは「二足のわらじかっこいい。いつも応援してるね」とエールを贈り、あるファンは「かっこいい挑戦の連続。どちらの仕事もうまくいくと思う」と応援しました。

演技者であり、インテリアデザイナー、そして妻と母としての顔も持つチェ・ジャヘ。

バイタリティー溢れる彼女が、今後どのような活動を繰り広げていくのか期待されます。

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(488件)





[/expander_maker]

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs