ライジングスターとは、日本語で”希望の星”という意味で、将来性のある人物のことを言う。2020年は新型コロナウイルスの影響で、日本での活動はほとんどなかった韓国俳優たちだが、来年こそはと来日を望む声が絶えない。

地上波、ケーブル放送のドラマのみならず、Netflixなど配信サイトのオリジナルドラマも盛り上がった2020年の韓国ドラマ界。多くの新人俳優がデビューし、素晴らしい活躍を見せてくれたが、その中でも特に注目を集めたライジングスター5人を紹介する。

キム・ソンホ

俳優キム・ソンホ

1986年5月8日生まれ、今年34歳の俳優キム・ソンホ(画像出典:tvN)

2020年下半期、最も注目を浴びた俳優といえば、キム・ソンホだ。最近放送が終了したtvN『スタートアップ:夢の扉』でハン・ジピョン役を任され、スジが演じるヒロインのソ・ダルミに向かって放たれる数々の名ゼリフで視聴者の心を掴んだ。

元々演劇界のアイドルだったキム・ソンホは、2017年にMBC『キム課長とソ理事~Bravo! Your Life~』でドラマデビューした。翌18年に出演したtvN時代劇『100日の郎君様』でその卓越した演技力を評価され、人気を獲得。”遅咲き”の実力派俳優として注目を浴びた。

(関連記事)’スタートアップ’出演中! 韓流界のダークホース、キム・ソンホとは?

KBSの人気バラエティー番組『1泊2日シーズン4』のレギュラーメンバーにも抜擢され、ドラマでは見られなかった親しみのあるキャラクターで、ギャップ萌えするファンが続出。来年1月から公演予定の演劇『氷』のキム・ソンホ出演回のチケットはすべて完売した。

(関連記事)‘スタートアップ’人気の効果!演劇 ‘氷’ キム・ソンホ 出演回 全て完売

2020年韓ドラライジングスターの代表と言えるキム・ソンホの来日への期待はますます高まるばかりだ。


キム・ソンホ 『スタートアップ』演技(動画出典:tvN)

アン・ボヒョン

俳優アン・ボヒョン

1988年5月16日生まれ、今年32歳の俳優アン・ボヒョン(画像出典:MBC)

現在放送中のMBC『カイロス』で、主人公キム・ソジンから絶大な信頼を得ているユジョン建設の課長でロマンチストのソ・ドギュン役を好演中のアン・ボヒョン。

アン・ボヒョンは、今年Netflixで配信されて上半期の話題作となったJTBC『梨泰院クラス』で、チャン会長の長男で後継者チャン・グンウォン役を熱演し、名が知られるように。人気俳優パク・ソジュンが演じた主人公パク・セロイを追い込んでいくヒール役の演技は、多くの視聴者を憤らせ、その卓越した演技力に高い注目が集まった。

『梨泰院クラス』では悪役を演じたアン・ボヒョン

アン・ボヒョンは『梨泰院クラス』で悪役を演じ、その卓越した演技力で話題となった(画像出典:梨泰院クラス公式HP)

(関連記事)パク・ソジュンを見るために‘梨泰院クラス’を視聴して逆にハマってしまった‘悪役’俳優

その後、バラエティー番組『シングル男のハッピーライフ』では人気ボーイズグループEXO(エクソ)のメンバー、セフンと共にキャンプする姿を披露し好感度が急上昇。今年12個のCMに出演するなど、人気ぶりを証明した。

また、日本にも今年9月に公式ファンクラブがオープンし、来日イベントを今か今かと待っている状況だ。


アン・ボヒョン 『梨泰院クラス』撮影現場(動画出典:JTBC)

イ・ドヒョン

俳優イ・ドヒョン

1995年4月11日生まれ、今年25歳の俳優イ・ドヒョン(画像出典:イ・ドヒョンInstagram)

韓国のWeb漫画が原作で、人間が怪物に姿を変え暴走する世界を描いたアクションホラー作品で、12月18日から全世界独占配信がスタートしたNetflixオリジナルドラマ『Sweet Home -俺と世界の絶望-』に出演しているイ・ドヒョン。

イ・ドヒョンは、昨年tvN『ホテルデルーナ~月明かりの恋人~』のコ・チョンミョン役で高い演技力を披露し注目を集めた。そして先月放送終了したJTBC『18アゲイン』では、キム・ハヌルが演じたチョン・ダジョンの夫、ホン・デヨン(ユン・サンヒョン)が離婚直前の18年前に戻った姿の男コ・ウヨンを演じ、デビュー3年目にして初の主演作でライジングスターとして頭角を現した。

『18アゲイン』で初めて主演を務めたイ・ドヒョン

イ・ドヒョンは『18アゲイン』で初めて主演を務めた(画像出典:JTBC)

またSBSの人気バラエティー番組『ランニングマン』に出演した際は笑いのセンスを発揮し、リアルタイム検索ワードに名前が上がるなど、多くの関心が寄せられた。


イ・ドヒョン『Sweet Home』メイン予告編(動画出典:Netflix)

イ・ジェウク

俳優イ・ジェウク

1998年5月10日生まれ、今年22歳の俳優イ・ジェウク(画像出典:KBS FaceBook)

先月放送終了したKBS『ドドソソララソ』でミニシリーズ初主演を務めたイ・ジェウク。

イ・ジェウクは、ヒョンビン主演のtvN『アルハンブラ宮殿の思い出(2018)』で天才ハッカーのマルコ役で助演ながらもヒール役で鮮烈にデビュー。視聴者に強烈なインパクトを与えた。

そしてMBC『偶然見つけたハル(2019)』では、キム・ヘユンが演じた主人公ダノの婚約者ペク・ギョン役でさらに注目を浴び、この作品で『MBC演技大賞』の新人賞を受賞。

今年に入り日本公式ツイッターアカウントもオープンし、日本のファンもますます増えていくだろう。


イ・ジェウク『ドドソソララソ』OST Part2(動画出典:VLENDING)

キム・ドンヒ

俳優キム・ドンヒ

1999年6月13日生まれ、今年21歳の俳優キム・ドンヒ(JTBC:『梨泰院クラス』HP)

前述したアン・ボヒョン同様、『梨泰院クラス』に出演し、主人公パク・セロイと敵対するチャン会長の息子チャン・グンス役で注目を集めたキム・ドンヒ。

俳優志望でJYPエンターテインメントのオーディションを受けて合格し、2018年にウェブドラマ『A-TEEN』で主演ハ・ミン役を任されデビューした。同年放送された『SKYキャッスル 上流階級の妻たち』では、200倍という高い競争率の中で役を勝ち取り、お茶の間の視聴者の心も掴むことに成功した。

Netflixオリジナルドラマ『人間レッスン』

キム・ドンヒはNetflixオリジナルドラマ『『人間レッスン』で主人公の高校生オ・ジスを演じた(画像出典:キム・ドンヒ Instagram)

今年は『梨泰院クラス』に続き、Netflixオリジナルドラマ『人間レッスン』で、取り返しのつかない罪を犯してしまう主人公の高校生オ・ジスを演じ、主演として独特の存在感を放った。

今月15日に日本公式ツイッターアカウントも開設され、来年は日本公式ファンクラブオープン予定。まさにこれから日本での活躍が期待される俳優だ。

(関連記事)‘梨泰院クラス’ キム・ドンヒの異名‥父親に恵まれない’気の毒な息子’役専門俳優


キム・ドンヒ 演技(動画出典:뭅뭅`)




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース