韓国俳優の中には、ヒョンビン、イ・ミンホ、ソン・ジュンギのように大ブレイクしたあとも定期的にブレイクし、常に新しいファンがついている俳優もいれば、注目度はそこそこ高いが、まだトップスターと呼ばれるには値しない、知る人ぞ知る韓流スターも多い。自分だけの良さを知ってしまった俳優は、一度ハマるとなかなか抜けられないのが常だ。今回は’ハマり注意’のプチ韓流スター【第一弾】3人を紹介しよう。

現在、KBSドラマ『ゾンビ探偵』で主演キム・ムヨンを演じているチェ・ジニョクもそんな俳優の1人だ。最近自身のSNSに「リアタイしてくれないと泣いちゃうよ」という可愛らしいお願いとともにギャップ萌えが感じられる劇中内のカリスマ画像を公開し、話題になった。※リアタイ=リアルタイム視聴

今回は、そんな一度ハマると抜けられない! “プチ”韓流スター3人を紹介する。

チェ・ジニョク

チェ・ジニョク

俳優 チェ・ジニョク(写真提供:©スポーツ韓国)

1986年2月9日生まれの34歳。高校卒業後、2006年に倍率6000倍というKBSスターサバイバルオーディションでグランプリを獲得し、芸能活動をスタート。クォン・サンウ、ソン・スンホン主演の映画『ひとまず走れ』で俳優デビューしたが、存在感の薄い脇役だった。

デビュー当時は本名のキム・テホの名前で活動していたが、俳優として変化が必要だとチェ・ジニョクに改名。改名後、SBS『大丈夫、パパの娘だから』(2010)で初めての主演を経験した。ブレイクのきっかけは、2013年に神獣ク・ウォルリョン役で特別出演した『九家の書~千年に一度の恋~』だ。特別出演の予定が人気を受けて最後まで登場する重要人物になり、主演ではないにも関わらず俳優チェ・ジニョクとして注目を集め、第2回APAN STAR AWARDS新人賞まで受賞した。

ク・ウォルリョン役を演じたチェ・ジニョク

ドラマ『九家の書~千年に一度の恋~』でク・ウォルリョン役を演じた(画像出典:mbc)

その後もSBS『相続者たち』(2013)、MBC『傲慢と偏見』(2014) など人気ドラマに助演、主演しながら、国際色豊かな俳優陣の出演で話題となった映画『恋する・ヴァンパイア』(2015)で日本の女優桐谷美玲と共演し、日本映画にも初出演を果たす。

チェ・ジニョク

『相続者たち』(画像出典:SBS)

チェ・ジニョク

『傲慢と偏見』(画像出典:mbc)

そして2015年兵役のため入隊したが、7カ月後に訓練中の怪我で除隊することに。

除隊後3年ぶりの復帰作となったOCN『愛の迷宮-トンネル-』(2017)では主演の熱血刑事パク・グァンホを熱演、大ヒットを記録する。翌年のSBS『皇后の品格』(2018)でSBS演技大賞水木ドラマ部門最優秀演技賞を受賞した。

チェ・ジニョクが主演を務めたドラマ『愛の迷宮-トンネル-』

主演を務めたドラマ『愛の迷宮-トンネル-』ポスター(画像出典:ocn)

(関連記事)時空を超越する刑事魂! タイムスリップした警察をネタにした韓ドラ3選

チェ・ジニョク

『皇后の品格』(画像出典:SBS)

また、元々歌手志望だったこともあり複数のドラマOSTで歌声も披露。歌も歌えて主演も助演もできるマルチ俳優だ。2019年5月に来日し、ファンミーティングも開催している。

パク・ヘジン

パク・ヘジン

俳優 パク・ヘジン(写真提供:©スポーツ韓国)

1983年5月1日生まれの37歳。2006年に放送されたKBS『噂のチル姫』で俳優デビュー。デビュー作で年下の恋人役を熱演し、ブレイク。KBS演技大賞新人演技賞を受賞し、韓国で”国民の年下男子”と呼ばれるようになった。

翌2007年KBSで放送された連続テレビドラマ『空くらい地くらい』では主役に大抜擢された。その後も数多くのドラマに出演し、SBS『星から来たあなた』では、チョン・ジヒョン演じる主人公ソンイを一途に想い続ける財閥御曹司フィギョンを熱演。助演ながらもその存在感に引き込まれる演技は好評を博した。

パク・ヘジン

『空くらい地くらい』(画像出典:『空くらい地くらい』映像キャプチャー)

パク・ヘジン

『星から来たあなた』(画像出典:YouTube SBS Drama動画キャプチャー)

また、人気Web漫画が原作のtvN『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』(2016)では、ドラマ化される前からファンの仮想キャストとして名前が上がっていた。そのプレッシャーから一度は出演を断るが、最終的にオファーを受け入れ、ユ・ジョンを好演し、映画版にも出演した。

(関連記事)今話題のウェブ漫画原作の韓ドラ! 高いシンクロ率を誇るドラマ 3選

また日本では2011年に1stシングル『運命の轍』をリリースし歌手デビュー。日本公式ファンクラブも発足し、近年は2018年11月、2019年2月に来日、ファンミーティングを行っている。韓国のみならず日本、中国でもCMに出演するなどアジア全域での活躍が目立っている俳優だ。

ユン・シユン

ユン・シユン

俳優 ユン・シユン(写真提供:©スポーツ韓国)

1986年9月26日生まれの34歳。MBCシットコム『明日に向かってハイキック』で俳優デビューしたユン・シユンは、2010年に放送されたKBS『製パン王 キム・タック』で新人俳優にも関わらず主演に大抜擢され、大ブレイク。ドラマは視聴率50%を突破、最終回の瞬間最高視聴率はなんと58.1%だった。

ユン・シユンが主演を務めた『製パン王 キム・タック』

主演を務めたドラマ『製パン王 キム・タック』(画像出典:『製パン王 キム・タック』HP)

(関連記事)製パン王 キム・タックから10年.. ユン・シユンの現在年齢と所感

(‘製パン王 キム・タック’ 関連記事)母親になりました!’製パン王 キム・タック’ ミスン役で愛された女優の近況

(‘製パン王 キム・タック’ 関連記事)ドラマ「製パン王キム・タック」子役俳優の現在がアイドルのようなビジュアルと話題

その後も数々のドラマに出演。2014年に兵役のため入隊し2016年に除隊したあと、初主演作となったのは、JTBC『魔女宝鑑 ~ホジュン、若き日の恋~』というファンタジー・ロマンス時代劇で、ユン・シユンにとって初の時代劇への挑戦だったが、さらに成熟した演技を見せた。それ以降も主演や特別出演などドラマメインでコンスタントに俳優として活動しているが、『キム・タック』の成功が大きすぎたためかそれ以降のブレイク作品が未だ出ておらず、さらなるブレイクに期待がかかっている。

ユン・シユン

軍除隊後の復帰作『魔女宝鑑 ~ホジュン、若き日の恋~』(画像出典:jtbc)

2019年9月に来日し、日本で8回目となるファンミーティングを行い、今年はOCN『Train(原題)』で主演を務め、一人二役の刑事を熱演。日本では11月からKNTVで視聴が可能だ。