多くの韓国ドラマファンを感動させた「製パン王 キム・タック」。当時キム・タックの子供時代を演じた俳優の現在の様子が‘爽やかな青年に成長してカッコいい’とネットユーザーの間で話題になっている。

俳優ユン・シユンとチュウォンが共演し、韓国の製パン業界を舞台にした大ヒットドラマ「製パン王 キム・タック(原題 제빵왕 김탁구)」。

この「製パン王 キム・タック」を観て、韓国ドラマにハマったというドラマファンも多いのではないだろうか。

多くのドラマファンがハマった「製パン王 キムタック」

多くのドラマファンがハマった「製パン王 キム・タック」(画像出典:「製パン王 キム・タック」HP)

最近あるオンラインコミュニティーおよびSNSで‘少年時代のキム・タックの現在’というタイトルで、キム・タックの子供時代を演じた俳優の近況が話題になっている。

当時、可愛らしい容姿と慶尚道(キョンサンド)の方言で視聴者たちの心を掴んだ俳優オ・ジェム(ハングル 오재무)。

公開された近況写真には、シュッとしたフェイスラインで温かなビジュアルを誇り、爽やかな青年に成長を遂げたオ・ジェムの姿が映し出されており、ぷっくり丸い頬をしていた可愛い少年の姿とは違い、大人の男性らしい雰囲気を漂わせて女性ファンたちの心を溶かしている。

爽やかな青年に成長したオジェム

爽やかな青年に成長したオ・ジェム(画像出典:オ・ジェム Instagram)

オ・ジェムの近況写真を見た一部のネットユーザーたちは「イ・ジュンギに似ていますね」「イケメンに成長しましたね!」「時間が経つのは早いですね!」「俳優ではなく、アイドルみたいです」などの熱い反応を寄せている。

一方、オ・ジェムは1月13日に放送された「マイ・リトル・テレビジョン V2(原題 마이 리틀 텔레비전 V2)」にゲストとして出演。

番組では、「製パン王 キム・タック」で共演した、チョン・グァンリョル(劇中、コソン食品のク・イルジュン会長役を演じた名俳優)と10年ぶりに再会を果たし、当時の撮影エピソードについて話を交わした。

最近、久しぶりに放送に出演したオジェム

最近、久しぶりに放送に出演したオ・ジェム(写真提供:©スポーツ韓国)

13歳という幼い年で芸能界デビューを果たしたオ・ジェムは、当時撮影現場で多くの不平不満を言ったりしていたそう。

これに対し、チョン・グァンリョルは「撮影現場で誰が一番大変だと思う?」と尋ねると、オ・ジェムは「俳優が一番大変ではないですか?」と答えた。

すると、チョン・グァンリョルは首を横に振り「最も苦労している人は、放送のために準備や努力をして陰で支えてくれているスタッフと監督だよ」と悟りを伝え、「製パン王 キム・タック」のワンシーンのような雰囲気を感じさせたという。

今回、久しぶりにテレビ放送に戻って来たオ・ジェム。

「製パン王 キム・タック」を終えた後も活発的な活動を続けて放送に出演していたが、2014年以降活動の空白期を持ってソウル・国民大学校の公演芸術学課に進学するなど俳優としての基盤を固めた彼が、今後どのような活躍を遂げていくのかドラマファンの間で関心が集まっている。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース