• 毎月、日本の地上波やローカル局では様々な韓国ドラマが放送。
  • 来月もまた名作韓ドラが放送を控えています。
  • そこで今回は、来たる5月に地上波・ローカル局で放送開始するおすすめ韓国ドラマ8選をピックアップ!

日本の地上波やローカルでも韓国ドラマを視聴できるのをご存じでしょうか。

第1・2次韓流ブームの頃に比べ編成本数が減少したものの、高視聴率作品から日本で人気を博した作品など、様々な韓国ドラマが毎月放送されています。

そして来月もまた、名作や最高視聴率40%超えの時代劇などが放送を控えています。

そこで今回は、来たる5月に地上波・ローカル局で放送開始するおすすめ韓国ドラマ8選をご紹介!(2024年4月25日現在)

その他、5月地上波・ローカル局放送作品は「地上波 韓国ドラマスケジュール」にてご確認を!

 

『太陽を抱く月』(MBC/2012/全20話)

1作目は、キム・スヒョン×ハン・ガイン主演の『太陽を抱く月』です。

最高視聴率42.2%を記録した本作は、若き王と記憶を失った巫女との切ない愛を描いたロマンス時代劇。

来月22日より、テレビ東京にてご覧いただけます。

●日本放送情報:テレビ東京/2024年5月22日(水) 8時15分~

画像出典:MBC
太陽を抱く月
時代劇
MBC/2012/全20話

あらすじ

時は朝鮮王朝時代。世子のイ・フォン(ヨ・ジング/キム・スヒョン扮)とホ・ヨヌ(キム・ユジョン/ハン・ガイン扮)はお互いに惹かれ合う仲に。しかしヨヌは朝廷の権力争いの陰謀により、婚礼を目前にして原因不明の病気にかかり命を落としてしまう。それから8年の月日が経ったものの、若き王のフォンは未だ心にヨヌの面影を秘めていた。一方、亡くなったはずのヨヌは、記憶を失ったものの巫女として生きており・・。

キャスト

キム・スヒョン、ハン・ガイン、チョン・イル、キム・ミンソ、ソヌ・ジェドク 他

最高視聴率・受賞歴など

42.2%

口コミ

「とにかく切なくなる作品」
「話が丁寧に展開していく感じがよかった」
「素敵なドラマだった」

予告映像


動画出典:チャンネル銀河

『赤い袖先』(MBC/2021~2022/全27話)

2作目は、最高視聴率17.4%を記録した『赤い袖先』をご紹介。

2PMのジュノが主演を務めた本作は、若かりし日の朝鮮王朝第22代王のイ・サン(正祖)と彼が一途に愛した女官の切ないロマンス時代劇です。

来たる5月13日より、TOKYO MXにて放送開始予定。

●日本放送情報:TOKYO MX/2024年5月13日(月) 13時4分~

画像出典:MBC
赤い袖先
ロマンス/時代劇
MBC/2021/全17話

あらすじ

粛清により一族が没落し、宮中で宮女として仕えることとなったソン・ドクイム(イ・ソラ/イ・セヨン扮)。同じく朝鮮王朝21代国王英祖の孫、イ・サン(イ・ジュウォン/ジュノ扮)は悲劇的な出来事で父を失い、宮中で孤独な時間を過ごしていた。ある夜、サンはドクイムの巧妙な計らいによって窮地を脱する。その時の出会いが、サンの心に淡い感情を芽生えさせるが、運命は2人を再び引き裂いてしまう。数年後、成長したドクイムは聡明さを発揮し、尚宮たちから注目を浴びながらも、自らの生き方を模索していた。ある日、彼女は走っている最中に足を踏み外し、近くにいた世孫を巻き込んで池に転落する。ドクイムは反省文を書くよう命じられるが、中へ入ってきた世孫を司書と勘違いし、無礼な態度で彼を追い返してしまう。怒り心頭の世孫は何度も書き直しを要求し、その過程で2人は徐々に心を通わせていき・・。

キャスト

イ・ジュノ、イ・セヨン、カン・フン、イ・ドクファ、パク・ジヨン 他

最高視聴率・受賞歴など

17.4%

口コミ

「思ったより難しくない時代劇」
「宮女の人生にもフォーカスを当てていて新鮮だった」
「とにかく泣ける」

予告映像


動画出典:KNTV

『火の女神ジョンイ』(MBC/2013)

3作目にご紹介する作品は、ムン・グニョン主演の『火の女神ジョンイ』。

2013年に韓国MBCで放送され、最高視聴率12%をマークした本作は、16世紀の朝鮮王朝時代を舞台に女性として初めて沙器匠の座に上り詰めた陶工ユ・ジョンの物語を描いたロマンス時代劇です。

来月7日よりテレ玉にてお楽しみいただけます。

●日本放送情報:テレ玉/2024年5月7日(火) 12時30分~

画像出典:MBC
火の女神ジョンイ
時代劇/ロマンス
MBC/2013/全32話

あらすじ

16世紀の朝鮮王朝時代を舞台に、女性として初めて沙器匠の座に上り詰めた陶工ユ・ジョンの波瀾万丈な人生を描いたロマンス時代劇。

キャスト

ムン・グニョン、イ・サンユン、キム・ボム、パク・ゴニョン、ソ・ヒョンジン 他

最高視聴率・受賞歴など

12.0%

口コミ

「1話からグッと引き込まれる」
「かなり面白かった」
「OSTがよかった」

予告映像


動画出典:ポニーキャニオン WE LOVE K

『風と雲と雨』(TV朝鮮/2020)

4作目は、パク・シフとコ・ソンヒらが贈る『風と雲と雨』をご紹介します。

来たる5月11日よりテレ玉にて放送開始する本作は、朝鮮一の観相師と霊能力を持つ王女、そして王族たちの王位争奪戦を描いた作品。

●日本放送情報:テレ玉/2024年5月11日(土) 12時5分~

画像出典:TV朝鮮
風と雲と雨
ロマンス/時代劇
TV朝鮮/2020/全21話

あらすじ

時は、1853年。わずか15歳で科挙に首席合格したチェ・チョンジュン(カン・テウ/パク・シフ扮)は、江華島の世子と呼ばれていた。ある日、肝試しをするために親友チェ・インギュ(チェ・ジョンウ/ソンヒョク扮)と山奥に行ったチョンジュンは、そこで少女イ・ボンリョン(ホン・スンヒ/コ・ソンヒ扮)と出会い・・。

キャスト

パク・シフ、コ・ソンヒ、チョン・グァンリョル、ソンヒョク、ワン・ビンナ 他

最高視聴率・受賞歴など

6.3%

口コミ

「新しい形の時代劇みたい」
「少し話が忙しい作品」
「ロマンス要素も多め」

予告映像


動画出典:NBCユニバーサル アジア

『階伯』(MBC/2011/全36話)

5作目は、イ・ソジン主演の『階伯』をご紹介。

2011年に韓国MBCで放送された本作は、百済末期を舞台に国のために最期まで戦った武将、階伯の波瀾万丈な人生を描いた本格時代劇です。

来月2日より、チバテレにて放送開始予定。

●日本放送情報:チバテレ/2024年5月2日(木) 9時30分~

画像出典:MBC
階伯
時代劇
MBC/2011/全36話

あらすじ

時は、末期の百済。武王(チェ・ジョンファン扮)の第一妃ソンファ(シン・ウンジョン扮)と息子のウィジャ(チェ・ウォノン/ノ・ヨンハク/チョ・ジェヒョン扮)が刺客に襲われる事件が発生する。二人は護衛将軍のムジン(チャ・インピョ扮)によって命を救われるも武王の怒りは収まらない。そして武王の第二妃サテク妃(オ・ヨンス扮)は、ウィジャを後継者にしようとしている武王を見て、ソンファとウィジャを暗殺し、ムジンに罪を擦り付けようと企てる・・。

キャスト

イ・ソジン、チョ・ジェヒョン、オ・ヨンス、ソン・ジヒョ、パク・ウンビン 他

最高視聴率・受賞歴など

12.0%

口コミ

「善徳女王のあとに観るのがおすすめ」
「韓国大河ドラマの醍醐味という感じ」
「百済の作品はあまりないからおすすめ」

予告映像


動画出典:ポニーキャニオン WE LOVE K

『恋のスケッチ~応答せよ1988~』(tvN/2015~2016)

6作目にご紹介する作品は、ヘリ(Girl’s Day)×パク・ボゴム×リュ・ジュンヨルらが共演を果たした『恋のスケッチ~応答せよ1988~』です。

最高視聴率18.8%を記録した本作は、幼馴染3人のロマンスを描いたラブコメディ。

来たる5月4日よりチバテレにてご覧いただけます。

●日本放送情報:チバテレ/2024年5月4日(土) 12時30分~

画像出典:tvN
恋のスケッチ~応答せよ1988~
ラブコメディ
tvN/2015/全20話

あらすじ

時は1988年、この年は韓国で初めてオリンピックが開催され、国中が盛り上がりを見せていた。勉強よりもファッションに興味があるドクソン(ヘリ扮)、サッカー好きのジョンファン(リュ・ジュンヨル扮)、成績優秀のソヌ(コ・ギョンピョ扮)、天才囲碁棋士のテク(パク・ボゴム扮)、お調子者のドンリョン(イ・ドンフィ扮)の幼馴染5人は、高校生になった今でもみんなで遊ぶ仲だった。しかしジョンファンとテクは、ドクソンに好意を寄せていて・・。

キャスト

ソン・ドンイル、イ・イルファ、ラ・ミラン、イ・ヘリ、パク・ボゴム 他

最高視聴率・受賞歴など

18.803%

口コミ

「登場人物一人一人にフォーカスを当てていてよかった」
「応答せよシリーズで1番いいかも」
「素敵な作品」

予告映像


動画出典:コンテンツセブン

『悲しくて、愛』(MBC/2019)

7作目は、チ・ヒョヌ、パク・ハンビョル、リュ・スヨン、ワン・ビンナら豪華キャストが贈る『悲しくて、愛』。

2019年に韓国MBCで放送された本作は、日本のドラマを原作に愛と欲望が渦巻く3人の男女の物語を描いた愛憎劇です。

来月10日より、チバテレにて放送開始予定。

●日本放送情報:チバテレ/2024年5月10日(金) 10時55分~

画像出典:MBC
悲しくて、愛
愛憎劇
MBC/2019/全40(20)話

あらすじ

追う男、逃げる女、守る男・・男女3人が繰り広げる愛と欲が渦巻いた愛憎劇。

キャスト

チ・ヒョヌ、パク・ハンビョル、リュ・スヨン、ワン・ビンナ、パク・ハナ 他

最高視聴率・受賞歴など

13.0%

口コミ

「衝撃がすごい」
「やばすぎてついつい見てしまう」
「王道だけどかなり面白かった」

予告映像


動画出典:TCEchannel

『王女ピョンガン 月が浮かぶ川』(KBS/2021/全30話)

最後にご紹介する作品は、ナ・イヌ×キム・ソヒョン主演の『王女ピョンガン 月が浮かぶ川』です。

本作は、高句麗を舞台に国のために戦う王女と青年の愛を描いたロマンス時代劇。

来たる5月15日より、テレビ大阪にてお楽しみいただけます。

●日本放送情報:テレビ大阪/2024年5月15日(水) 8時~

画像出典:KBS
王女ピョンガン 月が浮かぶ川
ロマンス/時代劇
KBS/2021/全20話

あらすじ

時は紀元561年の高句麗。第25代王のピョンウォン王(キム・ボムレ扮)とヨン王妃(キム・ソヒョン扮)との間には、ピョンガン王女(ホ・ジョンウン/キム・ソヒョン扮)とウォン王子(ソン・ミンジェ/パク・サンフン扮)がいた。ある日、ヨン王妃を疎ましく思う重臣コ・ウォンピョ(イ・ヘヨン扮)は、彼女の命を奪ってしまう。そして、ピョンガンは行方不明に・・。

キャスト

キム・ソヒョン、ナ・イヌ、イ・ジフン、チェ・ユファ、チャ・グァンス 他

最高視聴率・受賞歴など

8.1%

口コミ

「戦闘シーンが映画のような迫力」
「締めが残念」
「王道の韓ドラ要素満載」

予告映像


動画出典:ポニーキャニオン WE LOVE K

ダンミ 編集部

記事一覧を見る(2403件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs