ボーイズグループSEVENTEEN(セブンティーン)とNU’EST(ニューイースト)が所属するPledis(プレディス)エンターテインメントが「アーティストとの慎重な話し合いの末に..」と、来年から手紙以外ファンのプレゼントを受け取らない方針に決定したという。BTS(防弾少年団)やEXO(エクソ)など人気アイドルもプレゼントを受け付けていないが、今後そのようなアーティストが増加していくものと見られる。

K-POPボーイズグループSEVENTEEN(セブンティーン)と、NU’EST(ニューイースト)が、2020年からファンからの手紙を除いたプレゼントを受けないことを決定した。

所属事務所Pledis(プレディス)エンターテインメントは、12月9日公式ホームページを通じて「多くのファンのみなさんが愛を込めて送ってくださるサポートに関連し、当社所属アーティストであるSEVENTEENとNU’ESTのメンバーたちと慎重な話し合いの末、2020年度から手紙を除いた全てのプレゼントは受けないことに決定しました」と明らかにした。

ファンのプレゼントは受け取らないと発表したSEVENTEENとNU'EST

ファンのプレゼントは受け取らないと発表したSEVENTEEN(上)とNU’EST(下)(画像出典:SEVENTEEN Twitter,NU’EST Instagram)

彼らに先立ち、BTS(防弾少年団)や、EXO(エクソ)、BIGBANG(ビッグバン)、NCT(エヌシーティー)、SHINee(シャイニー)、IU(アイユー)などのグループも、ファンの手紙以外は受け取らないと伝えたことがある。

BTSは、過去に「ファンから沢山の愛を貰うのに、全てを使えず見せられないことが申し訳ない。“どうして私のプレゼントは使ってくれないのだろう”という思いを感じさせてしまうのなら、気持ちだけを届けて欲しいです」とし「ARMY(= アーミー / BTSのファン)の存在が最高のプレゼントです」と伝えたことがある。

また、IUも「ファンの皆さんから頂くプレゼントは本当に有り難いです。皆さんの気持ちは充分に伝わります。でも、私の方が稼いでいますから(笑)ファンの皆さんにはまだまだ金銭面では負けませんよ(笑)」と冗談を言いながら伝えたメッセージは、大きなインパクトを与えた。

他のグループのアイドルたちも「色々なプレゼントを用意してくださいますが、その愛と心だけを受け取ります。自身たちよりももっと必要な所にその愛を分けて頂けたらと思います」と伝えており、これによって、ファンたちはアーティストにプレゼントを贈るよりも、アーティストの名前で寄付をするという活動に繋げていったと見られる。

SEVENTEENとNU’ESTも、ファンたちが心を込めて準備したプレゼントを断ることが申し訳ないという気持ちと、アイドルに捧げる高価なプレゼントがファンたちの負担になることを考慮して「手紙を除いたプレゼントを受けない」と決定したようだ。

一方、アイドルが誕生日を迎えると、数千万ウォン、数億ウォン台のプレゼントを受けるアイドルの事例が話題を集めるが、ファンダム(ファンの集まり)の間でもプレゼント規模の競争が広がるなど、マイナスな事例が度々発生することがあるため、今後は次第にファンたちの気持ちが込められた手紙だけを受け取るというアイドルが増えて行くように思える。

[su_spacer size=”30″]


この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs