MONSTA X(モンスタエックス)のメンバーウォノの脱退が報じられ、TwitterなどのSNSでは「ウォノ脱退反対」のハッシュタグが溢れている。また「脱退は最善でない」とウォノを応援するファンたちが所属事務所の社屋の前に集まりポストイット貼る動きを見せている。

K-POPボーイズグループMONSTA X(モンスタエックス)のメンバーウォノ(本名 イ・ホソク)が、私生活の論議を理由に脱退を発表した中で、彼らのファンたちによる脱退反対の動きが本格化している。

10月31日付けでチームを脱退したウォノ

10月31日付けでチームを脱退したウォノ(画像出典:MONSTA X Twitter)

ウォノの所属事務所スターシップエンターテインメント(以下:スターシップ)は10月31日、公式コメントを通じて「当社はMONSTA Xのメンバーウォノとの話し合いの末、これ以上グループに迷惑をかけたくないというウォノの意見を尊重して今日付けでウォノがMONSTA Xを脱退することを決定した。だが当社は、この懸案において悪意的で歪曲された主張に対して法的対応を持続する予定だ」と明らかにした。

これに先立ち、ウォノは金銭的な問題による論議に包まれた。

コメディTV「オルチャン時代(原題 얼짱시대)」に出演していた当時に注目されたチョン・ダウンが、ウォノにお金を貸したが、彼が返さなかったという暴露文をSNSに掲載したためだ。

その後ウォノ側は法的対応を予告して対抗したのだが、ウォノは自身によってメンバーの活動にも支障があることを憂慮して脱退を決めたと明らかにした。

このウォノの脱退報道を耳にしたファンたちは、「今後の活動はウォノを除いた6人体制で行う」という事務所の発表に対して「MONSTA Xは7人であってこそ。事務所はウォノを守らず簡単に脱退の決定を下した。脱退は最善な方法ではない」と厳しい批判を送っている。

またファンたちは、10月31日の夜に所属事務所スターシップの社屋の前に集まり、ポストイットを貼り付けるなどウォノを応援する姿を見せている。

スターシップ社屋に貼られている多くのポストイット

スターシップ社屋に貼られている多くのポストイット(画像出典:オンラインコミュニティー)

ウォノの脱退を反対する声はTwitterでも聞かれ、「#원호탈퇴반대(ウォノ脱退反対)」のハッシュタグが付けられて様々な意見が飛び交っており、韓国のみならず日本でもトレンド入りするなど大きな反響を見せている。

また、あるオンラインコミュニティーの情報によると、11月2日(土)昼12時から、事務所の前でウォノの脱退を反対する秩序を守った静かなデモが行われるという。

チョン・ダウンの暴露以降、ウォノとショヌの名前がポータルサイトの検索語の上位圏に上がるなど世間を騒がしくさせた今回の論議。

ウォノに対する突然の攻撃から3日という早さで、脱退という結果に追い込まれてしまったウォノに、ファンたちも愕然としている状況だ。

一方、MONSTA Xは6人体制でニューアルバム「FOLLOW’:FIND YOU」活動を続投。

事務所側は「常にMONSTA Xを応援し、大切にしてくださるファンの方々に残念な便りを伝えてしまうことになり申し訳ない。より一層成長した姿で良い音楽とステージを披露していく」と強調している。