韓国メディアのインサイトが「あるスターの子どもが、韓国ネットユーザーの間で連日話題になっている」と紹介した。それは、元サッカー韓国代表アン・ジョンファンの息子リファン君のこと。彼の近況写真を見た人からは「俳優パク・ボゴムにそっくり!」との声が上がっている。

今、韓国ネットでは、ある有名スター夫婦の息子が、俳優パク・ボゴムに似ているとちょっとした騒ぎになっているようだ。

俳優パク・ボゴム

俳優パク・ボゴム (写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

実は彼、幼少時代もカッコイイと評判だったのだが、現在はボゴムの10代を演じられるほどのイケメンに成長している。

[expander_maker id=”1″]

この話題の少年は、元サッカー韓国代表のアン・ジョンファンとミスコリア出身のイ・ヘウォン夫妻の息子、リファン君。2008年生まれの13歳(日本年齢)だ。

アン・ジョンファンは現役引退後、サッカー解説者だけではなく、タレントとしても活躍中。多数のバラエティー番組に出演している。

最近は、若干(?)ぽっちゃり体型のおじさんになったものの、現役時代は貴公子のようなハンサムなルックスと、長髪をなびかせて走る姿から、”*テリウス”とも呼ばれていた。

*テリウス:日本の少女マンガ『キャンディ・キャンディ』に登場するテリュース・G・グランチェスター(通称テリィ)に由来する。同作品は、1970年代に韓国で大きな人気を博し、以来”カッコイイ男性=テリウス”となった。

Jリーグの清水エスパルスや横浜F・マリノスなどでプレーした経験を持ち、2002年の日韓ワールドカップでは、決勝トーナメントで大事な決勝点となるゴールを決めるなど、韓国中を熱狂させた英雄でもある。

(関連記事)ヒョンビンも勝てなかった美男子、アン・ジョンファン・・あの時のツーショット

幼少期のリファン君と、アン・ジョンファン

幼少期のリファン君と、アン・ジョンファン (画像出典:YouTube MBCentertainment 動画キャプチャー)

そんなアン・ジョンファンとリファン君は、過去にMBCバラエティー番組『パパ、どこ行くの?』に親子で出演していた。

当時のリファン君は、幼いながらもお父さん似のイケメンぶりで人気となったが、実はこの頃からパク・ボゴムを彷彿させる外見を披露している。

そして最近、韓国メディアのインサイトが「あるスターの子どもが、韓国ネットユーザーの間で連日話題になっている」とリファン君の近況を紹介。

お母さんのイ・ヘウォンが、インスタグラムにアップした写真が公開されている。

「私たちの赤ちゃん」というコメントの付いた写真には、黄色のフードパーカーにヘッドホンをはめた、現在のリファン君の姿が写っていた。

現在のリファン君。パク・ボゴムの横顔にそっくり!

現在のリファン君。パク・ボゴムの横顔にそっくり! (画像出典:イ・ヘウォン公式Instagram)

その写真を見た人は、びっくり! なんと彼の横顔が、パク・ボゴムにそっくりなのだ。

彼は、まるで青春ドラマの1ページを切り取ったかのように、爽やかな雰囲気で微笑んでいる。

かつて父親似のハンサムな外見が話題となっていたリファン君が、今や子役俳優としても通用しそうな立派なイケメンに成長。

この写真が、韓国ネットをざわつかせたのにも納得だ。これを機に、彼には俳優へのスカウトの声がかかるかも!?

(構成:酒井知亜)






パク・ボゴム

2011年映画『ブラインド』でデビュー。

以降、映画『コインロッカーの女』(2015)、ドラマ『君を憶えてる』(2015)などに出演。

『恋のスケッチ~応答せよ1988~』(2015-2016)で天才棋士チェ・テクを演じブレイク。2016年8月より放送されたドラマ『雲が描いた月明り』で地上波初主演を果たし、爆発的人気を得る。

パク・ボゴム 最新記事はこちら(137)

[/expander_maker]

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs