2017年に公開され、観客動員数560万人を記録した人気映画『ミッドナイト・ランナー(原題:青年警察)』が3年を経て今話題になっている。表現方法に差別的なシーンがあったという。フィクションを前提とした作品に表現の自由はどこまで許容されるのか――。

映画『ミッドナイト・ランナー』が差別的表現を指摘され、謝罪を表明した。差別的に利用された町に住む住人が悪影響を受けたということで、損害賠償請求の訴訟を起こしたのである。

パク・ソジュン&カン・ハヌルがW主演の映画‘ミッドナイト・ランナー’

パク・ソジュン&カン・ハヌルがこれまで以上に人気を得て豪華W主演作となった『ミッドナイト・ランナー』(画像出典:(C)2017 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.)

本作のダブル主演を務めたのは、ドラマ『梨泰院(イテウォン)クラス』が韓流ファンだけでなく、日本のドラマ好きからも大きな支持を得たパク・ソジュンと、昨年放送され爆発的人気を得たドラマ『椿の花咲く頃』でコン・ヒョジンと共に主役を担ったカン・ハヌルだ。

どちらもNetflixで視聴が可能なため、2作品を観た視聴者が今後『ミッドナイト・ランナー』を観る可能性は非常に高い。

『ミッドナイト・ランナー』あらすじ

警察学校で出会った行動派のギジュン(パク・ソジュン)と頭脳派のヒヨル(カン・ハヌル)は、外出先で偶然、拉致現場を目撃してしまう。警察に通報するも事件解決の進展はなく、見過ごすことのできないギジュンとヒヨルは2人で直接捜査に乗り出す。すると予測を上回る状況に出くわすことになり‥。

今回問題となったのは、一体どのシーンだったのか。

*以下の記事にはネタバレが含まれています、ご注意ください。

韓国MBCニュースによると、該当とされたのはギジュンとヒヨルが2人で単独捜査に乗り出し、捜査を開始するシーンだ。タクシーで大林洞(テリムドン/ 韓国のチャイナタウン)に向かう途中、タクシー運転手が町の治安の悪さを2人に伝えている。

車内から町の異様な雰囲気を感じ取るパク・ソジュンとカン・ハヌル

車内から町の異様な雰囲気を感じ取るギジュンとヒヨル。(画像出典:YouTube MBCNEWS動画キャプチャー)

ヒヨル「韓国にこんなところ(チャイナタウン)があったのか?」
ギジュン「看板を見てみろ、完全に中国だ」

治安が悪いため、警察も寄り付かないとタクシー運転手。

治安が悪いため、警察も寄り付かないとタクシー運転手が危険性を伝えている。(画像出典:YouTube MBCNEWS動画キャプチャー)

タクシー運転手「この地域には朝鮮族(韓国系中国人)しか住んでないから、夜には暴力沙汰が多いですよ。パスポートがない犯罪者も多いし、警察もほとんど入ってこないんです。なるべく出歩かないようにしてください」

ちなみに劇中では、この地域で若い女性たちが次々と拉致され、子宮売買が行われていたことが明らかになる。

*********

本作が大ヒットを記録したと制作陣が喜んでいる裏側では、実際に大林洞で生活している子供が学校で仲間外れにされ、町への客足が遠のき、飲食店の売り上げが激減。またある者は就職の道が絶たれたという。

この事態を看過することはできないと、62人の中国人が映画製作会社を相手取り、損害賠償請求の訴訟を起こしたのだ。

裁判所は、一審では“表現の自由”として訴えを避けたが、二審では製作会社に謝罪と再発防止を約束するよう和解勧告を促す。

結果的に、芸術作品が“嫌悪の表現”として法的責任が認められた初のケースとなった。



“表現の自由”か“差別的表現”か

『ミッドナイト・ランナー』制作会社は、「今後、特定の集団に対して偏見や反感をもたらすことのないよう、嫌悪的表現をしていないかを十分に検討する」と謝罪の意を伝えた。

今回の表現が不適切と認められたことで、“表現の自由”と“差別的表現”のボーダーラインは際どいものだということが浮き彫りになった。

本作が“NO”だとして、過去の作品を遡って検証すれば、おそらく枚挙にいとまがない。今回の一件では、実際に生活に支障をきたしてしまったという事実がある以上、和解勧告の条件も致し方ないと取るべきか、これ以降の作品作りで表現が慎重のあまり、山も谷もない作品が増産されてしまうのか‥。


MBCNEWS『映画も例外ではない』映画で初の法的責任を受ける(動画出典:MBCNEWS)

ちなみに、韓国で8月に公開された『ミッドナイト・ランナー』から2ヵ月遅れて公開されたマ・ドンソク&ユン・ゲサン主演映画『犯罪都市』は14人の朝鮮族を殺人未遂容疑で逮捕した事件と、チャイナタウンを拠点につくられた組織“ブラックサファイア”の7人を逮捕した実際の事件を基に制作されたフィクション映画である。

本作は『ミッドナイト~』と同時期に公開されたため、新たな朝鮮族論争を生まないよう映画開始前にスクリーンに「この映画は事実をモチーフにしたもので、映画に登場する人物や事件は架空のものである」と表示。映画への反感を減らそうと努めた結果、そのような策を取ったのだという。

映画『犯罪都市』

『犯罪都市』はマ・ドンソクが主役を務め、警察・韓国ヤクザ・中国マフィアが繰り広げる三つ巴の抗争を描いたクライム映画。(画像出典:(C)2017 KIWI MEDIA GROUP & VANTAGE E&M. ALL RIGHTS RESERVED)

『犯罪都市』も観客動員数688万人という大ヒットを記録し、『犯罪都市2』が制作されることも発表された。

*********

“表現の自由”を免罪符に何をしても良いわけではない。しかし、映画はあくまでも芸術作品であり、いかなるジャンルでもほとんどが“ファンタジー”である。この認識をおいて、映画を楽しむ精神は作り手も観客も忘れてはいけないのではないだろうか。