俳優のイ・ジョンソクが主演を務めるMBC『ビッグマウス』。この劇中、人種差別的な発言が見られたと海外の視聴者から抗議が届いた。これ以前、別のドラマでも同様の事態に陥ったことがあった。いまや韓国ドラマは世界的コンテンツとなっただけに、表現にはさらなる慎重さが必要なようだ。

イ・ジョンソクのドラマ復帰作として話題をさらっている、MBC『ビッグマウス』。この劇中、人種差別を思わせるセリフが登場し波紋を呼んでいる。

ドラマ『ビッグマウス』はイ・ジョンソク、イム・ユナなど豪華キャストが話題

イ・ジョンソク、イム・ユナなど豪華キャストが話題のドラマ『ビッグマウス』(画像出典:MBC)

議論となったのは、7月30日に放送された第2話。ここでは、天才詐欺師”BigMouse(ビッグマウス)”という濡れ衣を着せられ、刑務所に収容されたパク・チャンホ(イ・ジョンソク扮)の姿が描かれた。

続きを読む

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs