2021年も折り返しを過ぎた8月、韓ドラファンからは下半期ドラマのラインナップに注目が集まっている。現在のドラマトレンドは、ずばり”エロさ”。これまでの韓国ドラマでは見られなかった、19禁と言われる大胆な描写を盛り込んだドラマが多くスタンバっているという。ここでは、下半期以降に放送する新作ドラマを紹介する。

K-POPと並んで高い人気を得ている、韓国ドラマ。

8月を迎え、韓国の各放送局では話題の下半期ドラマがスタートを待ち構えている。

その中でも特に注目なのは、際どい描写から”19禁”と呼ばれる大人のロマンスをまとった『ザ・ロード:1の悲劇』と『キス・シックス・センス』の2作品。

ともに”エロさ”を含んだストーリーや描写が盛り込まれる予定で、これまでの韓国ドラマではあまり見られなかった、大人っぽさを匂わせるようだ。

韓国ドラマと言えば、過去にファンタジーロマンスやサスペンス、サイコパスに刑事ものと、その年でトレンドとなるテーマがあった。これらのジャンルを経て、2021年の下半期は”大人のエロさ”をトレンドとしているよう。

トレンドの先端を行く、『わかっていても』

日韓で人気爆走中!共演は人気俳優のソン・ガンとハン・ソヒ

人気俳優のソン・ガンとハン・ソヒが共演。日韓で人気爆走中!(画像出典:JTBC)

2作品の放送を前に流行をリードしているのが、現在放送中のJTBC(Netflix)『わかっていても』だ。

このドラマは同名の人気ウェブコミックが原作で、愛は信じていないが恋愛はしたい女、ユ・ナビ(ハン・ソヒ)と、恋愛は面倒だが友達以上恋人未満ではいたい男、パク・ジェオン(ソン・ガン)が描くハイパーリアリズム・ロマンス。

悪いとわかっていながらも恋愛の駆け引きはしたい、そんな青春真っ最中の主人公たちのリアルな恋愛を描いている。

青春恋愛ドラマというジャンルであるが、22歳の若者たちによる”イマドキ”の恋愛とあって、甘さやセクシーさもふんだんに盛り込まれている。2人の繊細な感情の揺れ動きを表わすのに必要なため、際どい恋愛模様やラブシーンが多く登場したようだ。

韓国には儒教文化の思想や価値観などのしきたりが根強く残っていることから、これまでこのような描写はあまり見られなかった。だが、最近の傾向としては、これを越えた新しい表現方法が積極的に取り入れられているようだ。

(関連記事)Netflix 日本で2位のドラマ『わかっていても』、韓国でも1位を獲得した理由

韓国で流行中のトーク番組が、描写の敷居を低くした?

官能的なシーンが多く描かれるようになったのは、現在韓国で人気を得ているトーク番組の影響もあると見られている。

“19禁”夫婦のトーク番組『再び熱くなりたい エロー夫婦』は、実際の夫婦が出演し、彼らの夫婦エピソードをユニークに紹介するというもの。夫婦の”リアル”な時間を話すことから、激しい夫婦喧嘩からのろけ話、さらに突っ込んだ夫婦生活の話題にまでのぼるそうだ。

このことで性に対して開放的な見方もされるようになり、自由に語れる雰囲気が出てきている。このような流行りの番組があることで、ドラマの制作にも官能的な描写が盛り込まれやすくなったのではないだろうか。

この追い風に乗った新作ドラマ2作品では、どの程度の際どい描写が盛り込まれるのかも注目を浴びている。

『ザ・ロード:1の悲劇』

ドラマ『ザ・ロード:1の悲劇』は今月4日から韓国で放送がスタート

今月4日から韓国で放送がスタートした、ドラマ『ザ・ロード:1の悲劇』(画像出典:tvN)

俳優のチ・ジニと女優のユン・セアが主演と務める、tvN『ザ・ロード:1の悲劇』。

このドラマは、ある大雨の夜に残酷で悲劇的な事件が発生し、沈黙と回避‥絡み合った秘密がまた新たな悲劇を生み出すミステリースリラードラマだ。

今月4日から韓国で放送がスタートし、第1話からミステリアスな雰囲気に包まれ、手に汗握る展開が繰り広げられていた。

チ・ジニとユン・セアがミステリアスでエロティックな世界観を披露中の『ザ・ロード:1の悲劇』

ザ・ロード:1の悲劇』は、チ・ジニとユン・セアがミステリアスでエロティックな世界観を披露中だ(画像出典:tvNdrama公式Instagram)

これと同時に、ペク・スヒョン(チ・ジニ)とソ・ウンス(ユン・セア)夫婦の甘く濃厚な雰囲気がエロティックに描かれ、しっとりとしたベッドシーンも登場。緊張感のあるストーリーに違和感なく溶け込む、大人の雰囲気を漂わせている。


『ザ・ロード:1の悲劇』1話予告(動画出典:YouTube tvN DRAMA)

『キス・シックス・センス』

ユン・ゲサンとソ・ジヘ

ユン・ゲサン(左)ソ・ジヘは『キス・シックス・センス』に出演なるか?(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

タイトルからして意味深の、ドラマ『キス・シックス・センス』。

tvN『愛の不時着』で日本に名を知らせた女優のソ・ジヘと、俳優のユン・ゲサンがキャスティングオファーを受け、出演を検討中とのことだ。

2人の出演が確定すれば、2004年に放送されたSBS『兄嫁は19歳』以来、17年振りの共演となる。

ロマンスドラマで甘い演技を披露した2人だけに、本作ではどのようなケミストリーを発揮するのか、早くもドラマファンからの期待が高まっている。

『キス・シックス・センス』は、キスすると未来が見える能力を持ったイェスルが、誤って上司のチャ・ミンフの首にキスをした後、2人がベッドにいる”19禁”の未来を見るようになる。信じられない光景に戸惑いながらも、五感と第六感、現実と未来の間で揺れ動きながら恋が動き出す、超感覚ロマンスだ。

同名のNAVERウェブトゥーンを原作に、tvN『オー!マイベイビー ~私のトキメキ授かりロマンス~』を演出したナム・ギフン監督がメガホンを取るという。

本作は、キャスティングを終えてから間もなく撮影に入る予定で、グローバルOTTについては編成中とのことだ。

****

現在放送中と、今後放送予定の新ドラマ。いずれも大人向けの”19禁”ラブシーンが盛り込まれ、これまでにないセクシーな雰囲気をまとっていくようだ。




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国女優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース