10月17日より放送が開始となったtvNの新土日ドラマ『スタートアップ』。初回放送は、メインキャストよりもある俳優の名演が話題をさらった。

ドラマ『スタートアップ』が放送を開始した。本作は、miss A出身スジ、ナム・ジュヒョク、キム・ソンホ、カン・ハンナが、韓国のシリコンバレーであり若者のあこがれの地”サンドボックス”で、成功を夢見てスタートアップに飛び込んだ青春の始まり(START)と成長(UP)を描く物語だ。

『スタートアップ』メインキャスト

tvN『スタートアップ』メインポスター。(画像出典:tvN drama 公式Facebook)

10月17日に初回放送を迎え、首都圏世帯基準平均4.5%、最高5.3%(ニールセンコリア)を記録し、まずまずのスタートを切っている。

*この記事にはネタバレが含まれています、ご注意ください。

第1話では、ナム・ドサン(ナム・ジュヒョク)がなぜソ・ダルミ(スジ)の初恋相手となったのかが丁寧に描かれた。

(関連記事)下半期の’梨泰院クラス’になれるか?ナム・ジュヒョク 主演 ‘スタートアップ’

時は少し遡り――――

わずかなお金だけ渡され施設を追い出されたハン・ジピョン(子役 ナム・ダルム、後のキム・ソンホ)は、降りしきる雷雨の中、行く当てもなく呆然としていた。

行く当てもなく呆然とするジピョンの前に現れたのは‥。

行く当てもなく呆然とするハン・ジピョンの前に現れたのは‥。(画像出典:VLENDING OST「Day & Night」 動画キャプチャー)

“敷金なし”というアパートのチラシを眺めていると、突然一人のおばさん(ダルミの祖母、チェ・ウォンドク/キム・ヘスク)に、自分の店で雨宿りするように言われる。ジピョンは同情されたことに腹を立て断るが、おばさんは鍵の場所だけ伝えて去ってしまう。

翌朝、ウォンドクは店に売り上げ金を忘れてきたことを思い出し、慌てて駆け付ける。すると一晩過ごしたジピョンに「口座を作るべきだ」と言われ、ウォンドクはジピョンを連れて銀行へ。通帳を管理するよう言われたジピョンは、仮想通貨の株式大会で優勝した経験から、実際に株に着手し始める。

孫を思いやって始めた文通が思わぬ事態に。

孫を思いやって始めた文通が、思わぬ展開に。(画像出典:tvN DRAMA、『スタートアップ』オフィシャルサイト)

そんな中、ウォンドクの息子(キム・ジュホン)が離婚し、2人の孫娘はバラバラになってしまう。ウォンドクが引き取ったダルミ(子役 ホ・ジョウン、後のスジ)は一人ぼっちになってしまい、不憫に思ったウォンドクはジピョンに「孫と文通をしてやってほしい」と懇願。ジピョンは目に留まった新聞に偶然載っていた”数学チャンピオン ナム・ドサン”の名を使い、ダルミと文通を始めることになった。

文通が、2人の心の拠り所となっていた矢先、ジピョンはウォンドクが息子に大金を渡しているところを目撃してしまう。口座も失い、裏切られた気持ちでウォンドクの元を去ろうとすると、ウォンドクが店の中から大きな袋を取り出し、ジピョンへ渡す。それは、彼が株で増やした全財産(8000万ウォン)だった。ジピョンは気まずいまま、ソウルへ向かうためバス停へ向かうのだった。

ウォンドクへの溢れる思いが止められずジピョンは号泣するのだった。

別れ際、ウォンドクへの溢れる思いが止められずジピョンは号泣するのだった。(画像出典:tvN DRAMA 動画キャプチャー)

新しい靴を持って現われたウォンドクは、ジピョンに「成功したら悔しいから連絡するな。辛くて居場所がなくなった時だけ連絡くれればいい」と言うと、ジピョンはこれまで我慢してきた気持ちがあふれ出し、ウォンドクを抱きしめながら号泣するのだった。

***

これまで数多くの作品で、有名俳優の子役を演じてきたナム・ダルム。

(関連記事)トッケビのあの子?名作で子役を演じ、将来を期待させた’あの俳優’の近況

自身のインスタグラムでドラマへの感謝を綴った。

自身のインスタグラムでドラマへの感謝を綴ったナム・ダルム。(画像出典:ナム・ダルム母 公式Instagram)

スジとナム・ジュヒョクがメインの物語かと思いきや、第1話はメインキャストはほとんど登場せず、彼の物語に終始した。そのため、ナム・ダルムの熱演にすっかり見入ってしまい、この1話で出番を終えてしまうにはもったいない、もっと彼の芝居を観ていたいと思ってしまった。

それほどまでに、ナム・ダルムはジピョンの心の内を、演技力でもってありありと視聴者に分からせたのだ。

『スタートアップ』はこれから4人の本格的なストーリーに入っていくが、青い春を演じたナム・ダルムの熱演に負けぬくらいの展開を期待したい。



ナム・ジュヒョク

モデルとして活動後、2014年ドラマ『インヨ姫』で俳優デビュー。

以降、ドラマ『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』(2016)『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』(2016)でバイプレーヤーとして活躍して頭角を現し、同年『恋のゴールドメダル〜僕が恋したキム・ボクジュ』では女優のイ・ソンギョンとダブル主演を務め、人気を博す。

ナム・ジュヒョク プロフィール&記事(21)