現在BSテレ東で放送中の韓国時代劇『華政(ファジョン)』で、主人公である王女役を演じた女優のイ・ヨニ。本作で熱演を披露した彼女は、日本の韓ドラファンの間でも注目されている人物だ。劇中、際立った美しさが印象的だったイ・ヨニ、それも納得の過去エピソードが再び注目を集めている。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

新たな”韓ドラ”ファンを生み出した韓国時代劇『華政(ファジョン)』。

朝鮮第14代国王・宣祖(ソンジョ)の末娘であり、唯一の嫡女である貞明公主の過酷な運命を、フィクションを交えながら壮大なスケールで描き出した作品だ。

女優のイ・ヨニは時代劇『華政』で主役を演じた

時代劇『華政』で主役を演じた、女優のイ・ヨニ(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

このドラマで、ヒロインである貞明公主/ファイ役を務めたのは、女優のイ・ヨニ。

主人公であるにもかかわらず、ドラマの前半ではチャ・スンウォン扮する光海君の存在感に少々押され気味であった。だがイ・ヨニは持ち前の優れた演技力で、王女から庶民に降格し、倭国で奴隷となり過酷な日々を送る悲劇のヒロインを見事なまでに演じ切っている。

中盤からは、光海君への復讐を遂げるため力強く生き抜く姿と共に、王女としての気品あふれる美しさと強さを表現。女優として新たな一面を見せた、高い演技を披露していたなど称賛を浴びていた。

女優として日韓の視聴者を魅了し続けているイ・ヨニだが、最近、所属事務所を移籍したことでも注目を浴びている。
長年所属していたSMエンターテインメント(以下、SM)との専属契約が満了し、2020年11月30日に俳優のヒョンビンが所属するVASTエンターテイメントへと移籍した。
ヒョンビンとは過去、映画『百万長者の初恋(2006)』で共演したこともあり、2人が”同じ釜の飯を食う仲”になったことに大衆は喜びを隠せないようだ。

(関連記事)ヒョンビン×イ・ヨニ、御曹司のラブストーリー以来14年ぶりの再会

これほどまでに大衆から愛されている、イ・ヨニ。
彼女は2001年、『第2回SM青少年ベスト選抜大会』で大賞を受賞して芸能界デビュー。純粋なイメージと優れた容姿、すらっとした身長で、SM俳優部門を代表する女優として注目を集めた。当時、あるファッションブランドと2億ウォンという高額な契約金で専属契約を結ぶという、新人らしからぬニュースで話題を集めたことも。

SM3大美女と言われたイ・ヨニ、コ・アラ、ユナ

イ・スマンが選んだSM3大美女。左からイ・ヨニ、コ・アラ、ユナ(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

デビュー当初からすでにビッグな出来事に囲まれ、多くの注目を浴びていたイ・ヨニ。実はSM所属時代、創業者であるイ・スマンから特に目をかけられており、”SMの3大美女”として可愛がられていたそうだ。
イ・スマンが選んだのはイ・ヨニのほか、女優のコ・アラ、少女時代(SNSD)のユナだという。3人とも、ビジュアルはもちろん、実力やスター性が飛び抜けており、現在の活躍を見ても所属事務所のトップが目にかけていたのも頷ける。
新しい芸能事務所に所属し、女優として新たなスタートを切ったイ・ヨニ。韓国を代表する美人女優として、今後どのような活躍を披露してくれるのか、韓国だけでなく日本のドラマファンからも熱い視線が集まっている。




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国女優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース