俳優として芸能界での成功を収めたパク・ソジュンが、”財テク”でも同じように手腕を発揮しているそうだ。パク・ソジュンが見せた、まるで『梨泰院クラス』のパク・セロイのような華麗なる成功劇とは。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

出演作が軒並み大ヒットを記録し、韓国芸能界においてトップスターの座を射止めたパク・ソジュン
俳優として成功を収めた彼は、”財テク”でも大成功を収めているようだ。

パク・ソジュンは財テクでも優れた手腕を見せている

財テクでも優れた手腕を見せた、パク・ソジュン(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

パク・ソジュンは2018年、ソウル江南区清潭洞(チョンダムドン)に、住居用の物件を約58億5千万ウォンで購入した。
清潭洞は韓国でも富裕層の割合が多いことで知られており、不動産価値の高いラグジュアリーなエリア。高級ブティックやハイセンスなセレクトショップなどが軒を連ね、トレンドの最先端を行くセレブタウンとも呼ばれている場所だ。

人気の高いエリアとあってか、購入から3年が経った現在、この家屋の価格は約64億5千万ウォンにまで上昇したと言われている。つまりパク・ソジュンは、この建物だけで6億ウォンあまりの差益を得たことになる。

また、昨年には商業用ビルを約110億ウォンで買い入れたパク・ソジュン。場所は、ソウル江南区新沙洞(シンサドン)にある島山(トサン)公園近くのビルだという。

島山公園は、韓国の独立運動家アン・チャンホ(安昌浩)を称え作られた公園で、日本でいうところの代々木公園のようなスポット。ドラマや映画などの撮影ロケも行われている緑豊かな人気スポットで、清潭洞からも近く、洗練された緑あふれる街並みで大衆の憧れのエリアでもあるそうだ。

気になるのがこのビルの現在の価格だが、なんと約150億ウォンにも上ると調査されている。購入からわずが1年ほどで売買差益が約40億ウォンとなり、まるでドラマさながらの成功劇を見せたパク・ソジュン。

今月7日に放送されたMnet『TMIニュース』では、”不動産の相場差益が大ヒットしたスターベスト14″が発表され、パク・ソジュンは歌手のRAIN(ピ)やPSY(サイ)に続き、3位にランクインしている。

俳優としてハイクラスの演技力を披露し、実力もスター性も兼ね備えているパク・ソジュン。韓国芸能界で頭角を現す彼は、不動産”財テク”でも手腕を発揮しているようだ。
まるでパク・セロイが魅せた『梨泰院クラス』でのスターダムのようにも見える、パク・ソジュンの”不動産クラス”。あらゆるシーンにおいて、どこまでも”格の違い”を見せてくれる男だ。



パク・ソジュン

韓国の人気俳優パク・ソジュン。本名はパク・ヨンギュ。1988年12月16日生まれ。

2011年、B.A.P出身バン・ヨングクの楽曲『I Remember』のMVでデビュー。
初出演ドラマは『ドリームハイ2』(2012)。

以降、ドラマ『魔女の恋愛』(2014)、『キルミーヒールミー』(2015)、『花郎<ファラン>』などに出演、”主演俳優”としての地位を固めた。

パク・ソジュン プロフィール&記事(81)

人気ニュース

パク・ソジュン 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース