人気ボーイズグループEXO(エクソ)の末っ子メンバー、セフン。最近、彼の本名である”オ・セフン”という名前が韓国で注目を浴びているが、その理由とは?

韓国の人気アイドルや俳優のファンが、毎年誕生日のイベントとして行う”センイル(생일/誕生日)広告”。今回、一風変わった理由で、その広告が延期になってしまったK-POPアイドルがいる。

人気ボーイズグループEXO(エクソ)のメンバー、セフンだ。

誕生日広告が延期になってしまったセフン

EXOのメンバーセフンの誕生日広告が延期になってしまった理由とは?(画像出典:EXO公式FaceBook)

今月12日に27歳(日本年齢)になるセフンの誕生日を記念し、ファンは所属事務所SMエンターテインメントの建物や、映画館周辺の街頭などに広告を掲載することを告知していた。

しかし、今月2日から12日まで掲載される予定だった広告は、4月7日の韓国ソウルの市長選の期間と重なってしまい、選挙法の問題で持ち越されることになった。

今回広告掲載が延期になってしまったのは、市長選挙自体が理由ではなく、セフンの本名が、4月8日に当選が決まったオ・セフン(呉世勲)ソウル市長とまったく同じだったためだ。

加えて、オ市長が所属する”国民の力”の象徴色と、セフンのセンイル広告に使われた色が類似しており、ソウル市側は「EXOセフンのセンイル広告だとしても、有権者がオ・セフン候補と誤認する余地がある」と、違法選挙運動につながることを懸念し、広告掲載を選挙後に延期するようファンに要請。
ソウル市内でのセンイル広告は延期となり、9日からのスタートとなった。

ソウルの市長選の期間と誕生日が重なり、広告が延期になったセフン

セフンの誕生日がソウルの市長選の期間と重なってしまい、延期されることに(画像出典:EXO公式FaceBook)

年々スケールが大きくなるK-POPアイドルの誕生日イベントだが、特に中国のファンが中心となって企画する広告は、同じK-POPファンも毎度その規模の大きさに驚かされるばかりだ。

EXOメンバーの中でも、特に中国での人気が絶大なセフン。2019年に中国のファンサイト・オセフンバーが主催となり行ったセンイル広告は、飛行機のラッピング広告だった。

一般的に飛行機のラッピング広告は2億ウォン以上と言われており、芸能人の誕生日を祝うために利用したのは、セフンのファンが初めてだったそうだ。

(関連記事)スケールの大きさで群を抜く! 地球を動かすBTS Vの誕生日

そしてオセフンバーは、今年の誕生日イベントとして、地上波テレビ局SBSでのCM広告を予告しており、今月11日~12日にかけて、全15回のCMを流す予定だという。これは、これまで芸能人のファンがテレビCMを利用しセンイル広告してきた中でも、最大の規模ということで、再びK-POPファンたちを驚かせた。

また、韓国のファッションブランドSPAO(スパオ)は、セフンの愛犬、ビビがモチーフとなったTシャツやパジャマなどを4月12日の誕生日に合わせてリリースすることを発表。企業もセフンの誕生日を祝うような企画に、ファンはいっそう盛り上がりを見せている。

昨年、映画『パイレーツ(2014)』の続編『パイレーツ:鬼旗』にキャスティングされ、最近ソン・ヘギョ主演で話題を集めているSBSの新ドラマ『いま、別れの途中です』への出演も決まり、テレビドラマデビューを控えているセフン。

メンバーの入隊によりグループ活動に制限がかかる中、本格的な俳優活動をスタートさせたセフンに対するファンのさらなるサポートにも、注目が集まっている。



EXO

EXO(エクソ / ハングル 엑소)は、SMエンターテインメント所属の男性アイドルグループ。 韓国人が8人、中国人が4人の計12人で構成され、2012年4月8日に韓国と中国でデビューした。その後、中国人メンバー3人が相次いで脱退し、現在は9人体制となっている。

EXO プロフィール&記事(320)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

EXO 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース