ドラマ『ヴィンチェンツォ』では敵役である法務法人”ウサン”の代表、また『100日の郎君様』ではEXOのD.O.の父親役と、幅広いキャラクターを巧みに演じきる、名バイプレーヤーのチョ・ハンチョル。卓越した演技力を持つと称されるのも納得の俳優人生を振り返ってみる。

早くも、2021年上半期の最高傑作との呼び声が高い、tvN(Netflix)『ヴィンチェンツォ』。去る2日に放送された最終回では、最高視聴率を更新し有終の美を飾った。
韓国では話題性ドラマ部門で1位を独占するほどの高い人気ぶりを見せ、日本では多くのメディアが称賛し、新しい韓ドラファンを生み出すといった熱気に包まれている。

ソン・ジュンギ 主演のドラマ『ヴィンチェンツォ』は日韓で熱狂的なファンを生み出した

日韓で熱狂的なファンを生み出した、ソン・ジュンギ 主演のドラマ『ヴィンチェンツォ』(画像出典:tvN)

その熱い視線は主演のソン・ジュンギをはじめ、チョン・ヨビン、テギョン(2PM)、クァク・ドンヨンなど韓国を代表する俳優たちから、キム・ヨジンやヤン・ギョンウォンといった名バイプレーヤーが演じたバラエティー豊かなキャラクターにも向けられている。

(関連記事)‘ヴィンチェンツォ’にパク・セロイ? 人気をけん引するユニークな登場人物

なかでも注目を集めたのは、法務法人”ウサン”の弁護士ハン・スンヒョクなるキャラクターだ。

彼は最高のスペックを持つ国内最高の法務法人”ウサン”の代表であるが、その実態は骨の髄まで浅薄で卑劣。強い者に対しては徹底的に屈服し、弱い者は容赦なく踏みにじるといった人物だ。
しかし、バベルグループの本当の会長が誰か分かった時、抜け出せない窮地に追い込まれたことに気付く。そのような中でも自分だけは助かろうとあらゆる策を講じる姿は滑稽で、浅はかさが丸わかりになった。

チョ・ハンチョルは法務法人"ウサン"の弁護士ハン・スンヒョクを演じた

ドラマ『ヴィンチェンツォ』に登場する法務法人”ウサン”の弁護士ハン・スンヒョク役を演じた、チョ・ハンチョル(画像出典:tvN)

この、絵に描いたような浅薄キャラクターを愛嬌たっぷりに演じたのが、俳優のチョ・ハンチョルだ。『ヴィンチェンツォ』の最終話で、悲惨な死を遂げ、多くの視聴者を驚愕させた。

韓ドラファンなら一度は彼を見たことがあるだろう。彼はドラマや映画を行き交い、ドラマでは30作、映画では50作を越えるフィルモグラフィーを持つ多作俳優として知られている。

ドラマの代表作には、KBS『ヒーラー~最高の恋人~(2014)』、tvN『ロマンスは別冊付録(2019)』、Netflix『キングダム(2020)』などがあり、日本の韓ドラファンにはおそらく、EXO(エクソ)のD.O.(ド・ギョンス)が主演を務めたtvN『100日の郎君様(2018)』で、主人公イ・ユルの父イ・ホ役を演じた印象が強いのではないだろうか。

チョ・ハンチョルは『100日の郎君様』で、主人公イ・ユルの父イ・ホ役を演じた

tvN『100日の郎君様』で、主人公イ・ユルの父イ・ホ役を演じたチョ・ハンチョル(画像出典:tvN)

このほか、tvN『クリミナル・マインド:KOREA(2017)』、KBS『一度行ってきました(2020)』、KBS『こんにちは? 私だよ!(2021)』など数々の人気ドラマで特別出演を果たすなど、豊かな表現力を発揮し様々なキャラクターを完璧に演じてきた。

また、映画の出演作は近年だけでも、イ・ビョンホンとハ・ジョンウのW主演作『白頭山(ペクトゥサン)大噴火(2019)』をはじめ、『権力に告ぐ(2019)』、『8番目の男(2019)』、『国家が破産する日(2018)』、『神と共に 第二章:因と縁(2018)』などがあり、エンタメ大作から社会派ドラマまで幅広いジャンルに出演している。

テレビやスクリーンを留守にすることなく活躍するチョ・ハンチョルは元々、演劇界で活躍していた。
1998年に演劇『ワンルーム』に出演し、演劇俳優としてスタートした彼はその後、自主制作映画に出演したり、劇団を運営しながら舞台演出の仕事と俳優の仕事を並行してきた。

彼が商業俳優で成功することになったキッカケは、ユン・ソンホ監督との縁が大きい。2人とも自主制作映画の監督と俳優であった時、団結した作品が自主制作映画界で大きなイシューになり、商業映画界まで知られるようになったという。

出演作ごとに視聴者に驚きを与えるような"キャラクター変化"を見せるチョ・ハンチョル

チョ・ハンチョルは出演作ごとに視聴者に驚きを与えるような”キャラクター変化”を見せている(画像出典:noonカンパニー公式Facebook)

舞台で活躍していた時代から、あらゆるジャンルで多彩なキャラクターを演じてきたチョ・ハンチョル。
彼が名バイプレーヤーと称されるのは、設定の似ているキャラクターでもそれぞれの違いを演じきるといった幅広い演技力を持つからだろう。

ドラマや映画界からも引っ張りだこである彼は、すでに次回作も控えている。
チョン・ジヒョンとチュ・ジフンが主演するtvN『智異山』をはじめ、何本かの映画作品も予定されており、チョ・ハンチョルがどのようなキャラクターとなって登場するのかと早くも関心が集まっている。
詳細は未定だが、現時点で分かっていることは、彼が次回作でも秀逸な演技を披露するという確証だ。そこまで言い切れる完璧な名バイプレーヤーである。









この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs