TWICE(トゥワイス)のジヒョが、ボーカルトレーナーが最も記憶に残る歌手の一人として名前が上がった。素晴らしい感受性を持っていると言われているジヒョ。果たして彼女のどのような点がボーカルトレーナーの印象に残ったのだろうか..

K-POPガールズグループTWICE(トゥワイス)のジヒョの歌唱力が、ボーカルトレーナーから称賛されている。

11月6日、ユーチューブ(Youtube)チャンネル「Studio V」は、「ボーカルトレーナーが直接指導した教え子のうち最高な歌手は?」というタイトルの動画を投稿。

公開された動画に「ボーカルトレーナー#2」として登場したキム・ソンウン氏は、最も記憶に残る歌手にTWICEのジヒョの名前を上げた。

TWICEのジヒョを称賛したボーカルトレーナー

ボーカルトレーナーがTWICEのジヒョを称賛(画像出典:Studio V Youtube capture)

キム・ソンウン氏は、 2005年から後輩たちのためにボーカルトレーナーとしての役割を果たし、2010年から専門的にボーカルトレーナーとして活動している。

キム・ソンウン氏は、TWICEだけではなく、Dal☆Shabet(ダルシャーベット)やB1A4(ビーワンエーフォー)、またBTS(防弾少年団)のメンバーたちが練習生だった頃からボーカルトレーニングを教えてきており、練習生たちがアイドルに成長することで体験する苦労や困難などについて、彼らが傷つかないよう、尚且つ歌手という夢を諦めないように厳格に教えてきたという。

このように、多くの練習生を見てきたキム・ソンウン氏は、ジヒョについて「若い年齢ではなかなか表現出来ない素晴らしい感受性を持っている」と説明。

素晴らしい感受性を持っているというジヒョ

素晴らしい感受性を持っているというジヒョ(画像出典:TWICE Instagram)

キム・ソンウン氏は、「TWICEは、多様なジャンルの曲を練習しています。MELODY PROJECT(メロディープロジェクト)という、各メンバーがファンの皆さんにソロを披露するイベントのようなプログラムがありますが、そこでジヒョに“アコースティックを一度披露してみよう”と提案してみたのです」と明かした。

コーラスとプレーバック(録音された音楽を再生すること)はせずに、アコースティックバンドによる「TT」など、通常のTWICEの音楽ジャンルではない5曲を歌い上げたジヒョ。

彼女に対してキム・ソンウン氏は、「ビートやリズムなどテンポを全て編曲したのですが、ジヒョはほとんど編集することなく素晴らしい歌声で全て歌い上げました」とし「ステージに上がるまでは緊張していたのに、いざステージに上がると余裕のあるような姿を見せていたので驚きました」と伝えた。

キム・ソンウン氏のこのような発言に、他のボーカルトレーナーも深く頷く様子を見せていたことにより、どのようなジャンルでも歌いこなせるジヒョの実力が、どれほど高いのかよく分かる内容であった。


ジヒョ(TWICE)「MELODY PROJECT..TT 編曲バージョン」(動画出典:DO YOU)