BIGBANG(ビッグバン)のメンバーSOLとD-LITEが11月10日に除隊した。これでBIGBANGのメンバー4人全員がファンのもとに戻ってきた。除隊の挨拶と共に「良い姿で皆さんに恩返しをしたい」と語ったSOL。これまでK-POP界のトップを走りぬけてきた彼らが、今後どのような活動をしていくのか関心が傾いている。

K-POPボーイズグループBIGBANG(ビッグバン)のSOL(ソル / 本名 トン・ヨンベ)とD-LITE(ディーライト / 本名 カン・テソン)が、ファンたちの元に戻った。

ファンたちの元に戻ったD-LITEとSOL

ファンたちの元に戻ったD-LITE(左)・SOL(右)(画像出典:Vstar Youtube capture)

SOLとD-LITEは11月10日午前、京畿道(キョンギド)龍仁市(ヨンインシ)陸軍地上作戦司令部で軍服務を終えて除隊した。

昨年3月に入隊した彼らは、SOLが江原道(カンウォンド)鉄原(チョルウォン)第6師団「青星部隊」、D-LITEが江原道・華川(ファチョン)「イギジャ部隊」で、それぞれ服務を遂行してきた。

当初SOLとD-LITEは、各部隊で除隊をする予定だったが、国防部は二人が服務中である部隊がアフリカ豚コレラウイルス(ASF)の検出境界地であることを考慮して、除隊場所を変更した。

久しぶりにファンと取材陣の前に立った二人は、除隊の挨拶と共に今後の活動計画についても語った。

今後の活動計画について語った二人

今後の活動計画について語った二人(画像出典:Vstar Youtube capture)

SOLは「このように沢山の人々にお集まり頂いて感謝しています。本当に意味のある時間を過ごしました。未熟な僕を20ヶ月間指導してくださった幹部と戦友に感謝の挨拶を伝えたいです」と心境を伝えた。

さらにD-LITEは「社会生活をしながら感じることのない感情を沢山感じました。色々な人たちの心をさらに理解できるよう、多くのことを学びました」と付け加えた。

活動計画に対してSOLは「今後、多くのことを考えなければならないと思います。僕たち同士で熱心に意見を出し合い、良い姿で皆さんに恩返しをしたいです。軍生活の期間で見せられなかった姿を沢山見せて行けるように努力します」と覚悟を伝えた。

この日、寒い中にも関わらず現場には300人~400人ほどのファンが集まって彼らの除隊をお祝いした。

特にSOLは、ファンのために直接準備をしたお菓子「べべ(ハングル 배배)」を配りながら挨拶を交わすなど、変わらぬ温かな姿を見せた。

お菓子の「べべ」を選んだ理由については、SOLの本名である“トン・ヨンベ”からファンたちが「べべ」 と呼んでいることに着目したようだ。

お菓子の「べべ」を配ったSOL

お菓子の「べべ」を配ったSOL(画像出典:NAVER NEWS)

SOLとD-LITEの除隊に先立ち、G-DRAGON(ジードラゴン / 本名 クォン・ジヨン)が10月26日に除隊、T.O.P(トップ / 本名 チェ・スンヒョン)も今年7に召集解除されて、BIGBANGのメンバー4人全員がファンのもとに戻ってきた。

G-DRAGONは、すでにスポーツ用品ブランドのNIKE(ナイキ)とデザイン協業をリリースして活動を再開したため、YGエンターテインメントの全盛期を導いた彼らが、今後どのような活動をしていくのか、その歩みに関心が寄せられている。

今年、BIGBANGの前メンバーV.I(スンリ)による「バーニングサン事件」などにより、社会的に非難を受けたYGエンターテインメント。

ファンたちにも深いショックを与えた事柄であるだけに、彼らの復帰によってBIGBANGのカリスマ性と音楽性の素晴らしさを、今一度全世界に見せつけてほしいと思う。


TAEYANG & DAESUNG Military discharge 2019.11.10(動画出典:Vstar