現在、活動を全面的に中断しているIZ*ONE(アイズワン)と、予定されている海外でのスケジュールは行っているX1(エックスワン)。韓国の各種媒体によると、最近彼らの所属事務所の関係者などが集まり、解散の議論を行ったという。近い将来CJ ENMから結論が出されるというが、ファンたちからは解散反対の声が寄せられている。

Mnetサバイバルオーディション番組「プロデュース48」と「プロデュースX101」から輩出されたプロジェクトグループIZ*ONE(アイズワン)とX1(エックスワン)の解散の有無が注目されている。

二つの番組の製作スタッフたちが、視聴者の投票結果を操作した疑いで拘束されたのち、IZ*ONEとX1について所属事務所の関係者とマネージメントの担当者が集まって彼らの解散に関連した議論をしていた事が分かったと韓国の各種芸能媒体が報じた。

韓国内での活動を全てキャンセルしているIZ*ONE

韓国内での活動を全てキャンセルしているIZ*ONE(写真提供:©スポーツ韓国)

IZ*ONEのあるメンバーの所属事務所の関係者は11月10日、「操作疑惑の論議によりメンバーの情緒が不安定な状態だ」とし「まずメンバーを安心させたが、このままでは活動を持続できないという意見を交わした」と明らかにした。

さらに「社会的にもあまりにも余波が大きい事件だと、事態を注視している」とし「最終決定はCJ ENM(Mnetを運営しているエンターテイメント事業者)にかかっているため、今後警察の捜査結果と関係なく近い将来結論が出るであろう」と付け加えた。

X1についても、ひとまず現在予定されている海外でのスケジュールは行っているものの、これ以上の活動は不透明だと見られる。

X1のメンバーのある関係者は、「“操作グループ”“操作メンバー”という非難と論議の中で、解散の要求が相次いでいる」とし「操作の結果で恩恵を受けたメンバーの実名まで出回ってしまった場合、最悪の事態になると思われる。これ以上の被害を防ぐためにも活動を終えることが最善なのかもしれない」と語ったという。

今後の活動が不透明なX1

X1も今後の活動は不透明に..?(写真提供:©スポーツ韓国、画像出典:Mnet)

この報道を耳にした一部のファンたちからは、「グループやメンバーたちは事件の被害者であるだけに、製作スタッフが操作に介入した一部のメンバーを除いてチームを再編成して活動を継続したら良い」という意見が見られる一方で、「ネット上では今回の事態と関連した一部のメンバーが推測されていたり、過剰な誤解を受けることもあるためグループを解散した方が良い」という意見も広まっているようだ。

これに対し、IZ*ONEとX1のファンたちは解散に反対する国民請願書をネットに掲載し、「アン・ジュンヨンPDなど何人かの人が操作をしたと認めたが、IZ*ONEとX1が直接操作をした訳ではない。所属事務所が操作を望んだことであって、メンバーが望んだのではない」と主張。

「処罰を受けなければならない対象は、当然操作をした人物と所属事務所の関係者であって、絶対にメンバーでない。彼らの地上波での出演を立て続けにキャンセルしないでほしい。この事件のせいでメンバーが非難されていることがとても悔しい」と付け加えた。

また「IZ*ONEとX1の解散は反対。アン・ジュンヨンPDが疑惑を認めたため、IZ*ONEとX1のメンバーにまで被害が及んでいる。メンバーには何の誤りもない。彼らは投票の操作を知らなかった。彼らの解散は絶対に反対だ」と強調している。

これに先立ち、「プロデュース」シリーズを演出したアン・ジュンヨンPD(プロデューサー)は、警察の調査で「プロデュースX101」と「プロデュース48」での投票操作を認めた。

現在、IZ*ONEとX1は韓国内での全ての放送スケジュールをキャンセルしており、12月4日に名古屋・ナゴヤドームで開催されるアジア最大級の音楽授賞式「2019 MAMA(2019 Mnet Asian Music Awards)」への出演の有無にも関心が集中している。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。