今月14日(現地時間)、米最高権威”グラミー賞”授賞式が開催され、候補に名乗りを上げていたBTS(防弾少年団)は惜しくも受賞には至らなかった。しかし、彼らの前向きな発言にファンはますます応援の熱をあげたようだ。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

BTS(防弾少年団)は、残念ながらグラミー賞を逃してしまい、これに関して思いを伝えた。

次のグラミー賞へ向けて、前向きな発言を伝えたBTS

次のグラミー賞は、直接トロフィーを受け取ると約束したBTS。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

今月15日、BTSはNAVERが運営するライブ動画配信サービス『V LIVE』を通して『2021 グラミーアワード』についての所感を述べた。

SUGAは「今回のステージは、急いで準備したものだ」と話し、RMは「賞よりも、実はパフォーマンスを望んでいた」と付け加える。続けて「賞がもらえなかった理由は、たくさんの方たちが予想していたが、『会場に来て受け取れ』という意味だと思っている」と言及。

J-HOPEは「正直、悔しくないと言えば嘘になる。僕は『受賞不発』という記事をいくつか読んだけど、不発だけど不発じゃないと思う。実際に初めてノミネートされて、単独ノミネートに単独パフォーマンスを初めてやった。ポジティブな側面を見て欲しい」と笑顔を見せた。

この日の午前(韓国時間)に行われた『グラミー賞』にBTSはリモートで出演。昨年に発表した『Dynamite』で、今年の授賞式『ベストポップデュオ/グループパフォーマンス』部門にノミネートされていた。

配信を見たファンは「#우린서로를가졌으니충분해(私たちは互いに手を取っているから十分だ)」「SetTheNightAlightBTS」「BTS IN THE STARS TONIGHT」などとハッシュタグを付けて、彼らに声援を送っている。

TOPSTAR NEWS 提供
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。Danmeeは読者様からフィードバックを大切にします。記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2427)





編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs