ニューシングル『Mixtape:OH』がビルボードで1位を記録した、K-POPボーイズグループのStray Kids(ストレイキッズ)。彼らのカムバックに対し難色を見せる韓国ネットユーザーが多い中、世界ではそれを気にする様子が全く見られていない。彼らを取り巻く視線は、韓国と世界でかなりの温度差があるようだ。

世界の音楽ファンを魅了している、K-POPボーイズグループのStray Kids(ストレイキッズ)。

6月26日にニューシングル『Mixtape:OH』でカムバックを果たした彼らだが、韓国の音楽ファンからは冷ややかな反応が見られている。
その理由は、過去の校内暴力疑惑について議論に巻き込まれているメンバーのヒョンジンが、今回のカムバックで活動を再開したから。

韓国のネットユーザーらはヒョンジンに対して「反省をしていない」などの厳しい声を上げており、彼らの活動に批判的な態度を見せている。

(関連記事)Stray Kids ヒョンジン、当時の教師が擁護するも聞く耳を持たない韓国ネット

Stray KidsはJYPエンターテインメント所属のボーイズグループ

JYPエンターテインメント所属のボーイズグループ、Stray Kids(画像出典:Stray Kids公式サイト)

しかし、韓国では冷たい視線が向けられているが、世界からは彼らを歓迎している様子が伺える。

ヒョンジンが活動を再開した新曲『Mixtape:OH』が、米ビルボードの”ワールド・デジタル・ソング・セールス・チャート”にて1位に輝いたのだ。
これはStray Kidsがビルボードチャートで達成した初の1位記録で、彼らの爆発的なワールドワイド人気を実感させている。

またこれ以前、グローバルK-POPプラットホームアプリ『Whos fan』が、アプリリリース1周年を記念して実施した人気投票でも、Stray Kidsは堂々の1位に輝いている。

『Whos fan』側は当時、投票に参加したファンへの感謝を込めて、米ニューヨークのタイムズスクエアで大型電光掲示板広告を実施。そこにStray Kidsの映像を流すなどし、彼らの人気を世に知らしめていた。

(関連記事)Stray Kids、NY タイムズスクエアの顔に! 世界のファンが認めたスター性

韓国国内では厳しい意見や冷たい視線を向けられているStray Kidsだが、世界の音楽ファンからはそれを気にする反応は見られておらず、むしろ応援する姿勢の方が多くを占めているようだ。

Stray Kidsはニューシングル『Mixtape:OH』が世界で好評

ニューシングル『Mixtape:OH』が世界で好評(画像出典:Stray Kids公式FaceBook)

次世代のワールドスターとして、すでに多くの”世界的”人気を獲得しているStray Kids。華々しい活躍を見せようと奮闘するも、韓国では、勃発する議論や終わりないバッシングなど、負の鎖にがんじがらめにされている。

しかし世界はどうだろうか。世界中にいる彼らのファンはそこだけに注目せず、パフォーマンスを含めすべてを受け入れている。

韓国と世界でそれなりの温度差が見られている理由とは、一体何だろうか。

海外ファンが議論の”蚊帳の外”にいることもあるだろうが、最大の理由は、Stray Kidsのクオリティーの高いパフォーマンスに魅了されたことだろう。

韓国での人気が彼らの評価には繋がらない。Stray Kidsはすでに、世界で活躍するアーティストに成長しているようだ。


Stray Kids『애』MV(動画出典:JYP Entertainment YouTube)



Stray kids(スキズ)

Stray Kids(ストレイキッズ / ハングル 스트레이 키즈 / 愛称 スキズ)は、Mnetのサバイバル番組「Stray Kids」を通じて選抜された、JYPエンターテインメント所属の8人組ボーイズグループ。

2018年3月25日に、ミニアルバム『I am NOT』でデビューし、2020年3月18日にベストアルバム『SKZ2020』で日本デビューを果たしている。

Stray kids(スキズ) プロフィール&記事(48)

人気ニュース

Stray kids(スキズ) 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース