今月26日、ニューシングル『Mixtape:OH』でカムバックしたStray Kids(ストレイキッズ)が、グローバルK-POPプラットホームアプリ『Whos fan』が、アプリリリース1周年を記念して実施した人気投票で、堂々の1位に輝いた。

JYPエンターテインメント所属の人気アイドルグループ、Stray Kids(ストレイキッズ)。

今月26日、ニューシングル『Mixtape:OH』でカムバックしたものの、校内暴力の議論に巻き込まれているメンバー、ヒョンジンの復帰に対して、韓国ネットでは「反省をしていない」などの声が上がっており、さらなる議論に発展しそうな不穏な空気が漂っている。

Stray KidsはJYPエンターテインメント所属の8人組ボーイズグループ

JYPエンターテインメント所属の8人組ボーイズグループStray Kids(Stray Kids公式FaceBook)

Danmeeでもお伝えした通り、”校内暴力”という恐ろしいワードにフォーカスが当てられ、「今だ!」と言わんばかりの袋叩きに走る韓国ネットユーザーの悪事に泣かされるStray Kidsの現状は、どうにも残念でならない。

(関連記事)Stray Kids ヒョンジン、当時の教師が擁護するも聞く耳を持たない韓国ネット

そんな彼らにとって、うれしい知らせが飛び込んだ。

グローバルK-POPプラットホームアプリ『Whos fan』が、アプリリリース1周年を記念して実施した人気投票で、Stray Kidsが堂々の1位に輝いたのだ。

5月24日から6月7日まで行われた人気投票では、70万人を超えるグローバルK-POPファンが投票に参加。Stray Kidsは、全体の35%を占める約25万票を集め、31%のTWICE(2位)、16%のATEEZ(3位)との対決を制し、見事1位となった。

『Whos fan』側は、投票に参加したファンへの感謝を込めて、米ニューヨークのタイムズスクエアで大型電光掲示板広告を実施(6月21日~6月27日)、前出の3組の映像が流された。

大型電光掲示板広告を実施中

米・ニューヨークのタイムズスクエアで大型電光掲示板広告を実施!(画像出典:WhosfanTV YouTubeキャプチャー)

これを受け、Stray Kidsのファンは「本当に誇らしい」「投票に参加してくれた仲間たちに感謝」「この映像がStray Kidsにも届きますように」と感無量な様子を見せている。

今年2月に勃発した、韓国アイドルによる過去の”校内暴力問題”に、韓国中が「真偽や真相はさておき」のような、無差別的批判をアイドルたちに与え、国民的イシューが作り上げられた。そのイシューは、次から次へと新しい”生贄”を飲み込み、増幅させた。

残念ながら、韓国ネットはいまだに「真偽や真相はさておき」のままだ。

ニューシングル『Mixtape:OH』の発表により、Stray Kidsのさらなる活躍を期待している。


(動画出典:WhosfanTV YouTube)



Stray kids(スキズ)

Stray Kids(ストレイキッズ / ハングル 스트레이 키즈 / 愛称 スキズ)は、Mnetのサバイバル番組「Stray Kids」を通じて選抜された、JYPエンターテインメント所属の8人組ボーイズグループ。

2018年3月25日に、ミニアルバム『I am NOT』でデビューし、2020年3月18日にベストアルバム『SKZ2020』で日本デビューを果たしている。

Stray kids(スキズ) プロフィール&記事(48)

人気ニュース

Stray kids(スキズ) 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース