韓国アイドルグループSEVENTEEN(セブンティーン / 愛称 セブチ)のドギョム(ハングル 도겸)が、ミュージカル「エクスカリバー」を成功裏に終え、心境を伝えた。

K-POPアイドルグループSEVENTEEN(セブンティーン / 愛称 セブチ)のドギョムが、初めてのミュージカルデビュー作「エクスカリバー」の公演を成功裏に終えて心境を伝えた。

セブチ セブンティーン ドギョム

初めてミュージカルに挑戦したドギョム(画像出典:SEVENTEEN official Twitter)

6月15日から世宗(セジョン)文化会館で行われたミュージカル「エクスカリバー」で、主人公アーサー役を演じ、ミュージカル俳優としてデビューしたドギョム

粘り強い努力と情熱で、意味深い挑戦に挑んだドギョムは、日々成長した姿で公演ごとに熱い声援と拍手を受けて、多くの観客たちを魅了した。

ドギョムは、所属事務所Pledisエンターテインメントを通じて「本当にとても多くのことを学び、経験させて頂いた幸せで大切な時間でした。練習の時から多くの方々が助けてくださって、激励してくださったおかげで真のアーサーに成長出来ました」と伝えた。

また「皆さんの記憶の中でも、良い記憶として残ってくださったら幸いです。公演を観に来て下さった全ての観客の方々に心より感謝を申し上げます。今後もより多くの活動を通じて良い姿をお見せしますので、期待していてください。いつも暖かい応援と愛をありがとうございます」と心を込めて心境を語った。

ドギョムは「エクスカリバー」の公演を通じて、初めてミュージカルに挑戦したにも関わらず、「アーサー王」のキャラクターを徹底的に分析し、観客の耳目を集めてドギョムの存在感を表わした。

セブチ ドギョム エクスカリバー

ドギョムのカラーで「アーサー王」を完璧に表現!!(画像出典:emk musical official Instagram)

特にドギョムは、公演回数を繰り返すほどキャラクターと劇に没頭し、アーサーが平凡な青年から王になるまでに感じる感情の流れを完璧に表現。

約2ヶ月間、アーサー役として熱演を繰り広げたドギョムは、多方面での才能を見せつけ「エクスカリバー」でミュージカル界の新鋭としての地位を築き上げ、これを始まりに彼はどのくらい成長を遂げていくのか、今後の歩みが注目されている。

ドギョムが所属しているSEVENTEENは、8月5日午後6時に各種オンライン音楽サイトを通じてデジタル シングル「HIT」をリリースする予定だ。