ポップの本場、アメリカでのK-POP熱気は想像を絶するほどだ。最近では、デビュー年数の浅いアイドルグループも、ビルボードのような音楽チャートにランクインしたり、現地メディアに絶賛されるなど、その勢いは凄まじい。そんな中、海外進出の定番コースである日本をパスする動きが見えつつあるのだが‥。

最近、K-POP界におけるある動きが注目を集めている。

一部のアイドルグループが、オフライン公演の再開に際して、世界一の音楽市場、アメリカに挑戦状を叩きつけているのだ。

K-POP公演の聖地、オリンピック体操競技場

K-POP公演の聖地、オリンピック体操競技場(画像出典:SMエンターテインメント ※記事の内容とは関係ない)

もちろん、今やK-POPアイドルにとってアメリカ市場は、手の届かない”雲の上の世界”ではなくなってきているのも事実。

続きを読む

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs