俳優コン・ユが、イ・ドンウクがMCを務める番組「イ・ドンウクはトークがしたくて」で、BTS(防弾少年団)について言及し「彼らは凄い仕事をしている」と絶賛した。また、次に生まれ変わったらミュージシャンになりたいと語ったコン・ユ。今回の放送も濃いトークが繰り広げられて、視聴者たちを魅了した。

12月11日に放送されたSBS「イ・ドンウクはトークがしたくて(原題 이동욱은 토크가 하고 싶어서)」の第2話で、コン・ユは「BTS(防弾少年団)は物凄い仕事をしていると思う」と語った。

BTSについて言及したコンユ

BTSについて言及したコン・ユ(画像出典:SBS capture)

この日の放送で、コン・ユは「人間コン・ジチョル(コン・ユの本名)を幸せにする瞬間は?」という質問に対して「スポーツが好きなおじさんです。スポーツを見ることが幸せな楽しみです。NBA(アメリカのプロバスケットボール)を観戦した際、競技場に入った瞬間胸が高鳴りドキドキしました」と打ち明けた。

また、映画を観ることも好きだと伝えたコン・ユは「ホラー映画は嫌いで、一人では絶対に見られない」とし「映画「新感染 ファイナル・エクスプレス(原題 부산행 / 釜山行き)」を演じる時も本当にリアルでした。演技だと知りながら撮影をしましたが、撮影するたびに死力を尽くして走りました」と、撮影当時の秘話を語った。

さらに「新感染 ファイナル・エクスプレス」がカンヌで認められたことに対して、コン・ユは「外国で認められる時、韓国映画の地位が変わったんだなと感じます」とし「韓国人俳優ということが誇らしく感じます」と伝えた。

続けて「ジャンルは違うけれど、例えばBTSの方々はとても凄い仕事をしていると思います。国威(こくい)を宣揚(せんよう)していると思うのです。こうしたことが唯一文化ができることだと思いますね」とし「音楽が無かったとすれば、寂しい世の中になっていたことでしょう」と、コン・ユはグローバルスターになったBTSに対する自身の考えを公開して、彼らを称賛した。

国威を宣揚とは、国が持っている力や勢いを高く評価して、広く世に知らせることを指す。

また、コン・ユは「音楽家の方々はとても素晴らしいですね。生まれ変わったらミュージシャンかシンガーソングライターになりたいです」と語り、視線を惹きつけた。

コン・ユは「私たち俳優は、他の見方をすると映画でもドラマでも作家や監督が描いたストーリーを表現する道具です。なので、自身の気持ちをそのまま表現できるミュージシャンとして生きてみたいですね」とし「特にバラードが好きでユ・ジェハ、キム・ドンリュルのファンです」と明らかにした。

理想のタイプについて言及した二人

理想のタイプについて言及した二人(画像出典:SBS capture)

一方、この日理想のタイプについても語ったイ・ドンウクとコン・ユ。

イ・ドンウクは「お母さんのようなスタイル好きです。頼りがいがあって、大変なことがあった時に話をして解決できるような、そういう人が好きです」とコメント。

その反面コン・ユは「積極的な女性も魅力的だと思います。時代も変わりましたし。プロポーズも必ず男性がしなければならないという考えも無くなって来ましたよね」と語り、今回の放送でも濃いトークが繰り広げられて、多くの視聴者を魅了した。

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1697)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース