• 先月25日に薬物使用容疑で韓国警察に立件されたBIGBANGのメンバー、G-DRAGON。
  • 渦中の彼は、先日聯合ニュースTVとの単独インタビューに応じたという。
  • 薬物使用疑惑についての心境や「事必帰正」という意味深な投稿を上げた理由についても語った。

薬物使用容疑で立件されたBIGBANGのメンバー、G-DRAGON (画像提供:スポーツ韓国)

先月25日に薬物使用容疑で韓国警察に立件されたBIGBANGのメンバー、G-DRAGON(本名:クォン・ジヨン)。

この件に関連して今月10日、韓国の総合編成チャンネルのChannel Aが別容疑で告訴されている被疑者A氏の証言をもとに警察が捜査に乗り出したと報じ、韓国国民から非難の声が上がっていた。

そして今月13日、警察側は物的証拠なしにA氏の陳述のみで捜査に着手したと事実を認めたのは周知のとおり。

(関連記事) G-DRAGON 薬物使用容疑に新展開‥「物証なしの立件」か

“自信あふれる出頭”で警察の捜査に積極的に協力する姿勢を貫いていた彼は、先日行われた聯合ニュースTVとの単独インタビューで全ての疑惑について語り、潔白を主張したという。

聯合ニュースTVは今月13日、先日行われたとされるG-DRAGONの単独インタビューを公開。

G-DRAGONはこのインタビューに応じた理由について「かなり悩んだ。皆さんに潔白であることを証明するため、勇気を出してインタビューを受けることにした」と語った。

そして「薬物を使用したのか?」というストレートな質問に彼は「していない」と断固として否定した。

また薬物検査については「当然、陰性が出るだろう。薬物を使用したことも、誰かからもらったこともないため、もし自分の体内から麻薬成分が検出されたらそれはおかしいことだ」と断言し、追加で行われている精密検査でも陰性判定が出ると自信あふれる回答をした。

さらに、彼の薬物使用を証言した遊興施設の女性従業員で被疑者のA氏と、薬物を提供したとされる医師B氏とはどのような関係なのかという質問にも応じた。

彼は「A氏とは何の関係もなく、医師に関しては誰かも分からない。A氏の主張は私が説明するには及ばない。私が聞いた限りではその方(A氏)は麻薬の前科があるとのことで証言に信ぴょう性があるのかが疑問だ」とした。

また警察が証拠隠滅を疑っている全身脱毛については「事実と異なる内容だ」とし「昨年行ったアルバム活動以降、約1年半以上もの間、髪のブリーチや髪を染めたりしていない。自主的に出頭したのも、1日でも早く潔白を証明したかったからだ。すでに毛髪や爪を提出している」と述べた。

さらに「なぜ多くの疑惑や誤解が大きくなっているのか分からないが、重要なのは”薬物の使用有無”であり、これについては私が今立証している状況で、いずれ立証されると思う」と語り、改めて身の潔白を主張した。

そして話題は、取り調べ後に彼がSNSに載せた「事必帰正」という意味深な投稿について。

G-DRAGONが自身のSNSに投稿した「事必帰正」(画像出典:G-DRAGON Instagram)

「事必帰正」とは「全てのことは必ず正しい道理に帰する」という意味。

彼は「帰りの車でいろいろと複雑な気持ちだった。何かに頼る場所が必要なので、状況が見えない真実や私の気持ちを少しは誰かが慰めてくれるような感じがして、この言葉を投稿した」と説明し、インタビューは終了した。

先月から続く、韓国芸能人の薬物使用疑惑。

多くのファンが見守るG-DRAGONの疑惑は、いつ収束を迎えるのかさらに注目が集まっている。

ダンミ ニュース部

K-POP&韓国芸能ニュースの中から、皆さんの関心をキャッチして正確にわかりやすく翻訳し、お伝えします!

記事一覧を見る(2975件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs