韓国アイドルグループBIGBANG(ビッグバン)のメンバーG-DRAGONが、自身の誕生日に合わせて展示会を開催したという。一方では「軍服務中の営利活動なのでは?」と指摘を受けているが、果たしてその内容とは..

軍服務中のBIGBANG(ビッグバン)のメンバーG-DRAGONが、8月1日に台湾で展示会を開催したと伝えられた。

BB ビッグバン ジヨン GD

G-DRAGON、台湾で展示会を開催?(写真提供:©スポーツ韓国)

5日、ある媒体は10月の除隊を控えてG-DRAGONが画家に変身し、アジアの主な都市を巡回する展示会を開いたと報道。

報道によると、該当の展示会は台湾・台北のあるギャラリーで行われ、大型の絵画「Untitled 2017」1点をはじめとし「Flower Road」6点、計7点が展示されており、G-DRAGONが入隊する前に直接描いた絵を写真で撮って、デジタル印刷してリリースしたものだという。

また、入場料は300台湾ドル(約1000円)で、一回当たりに予約していた40人ずつ入場することができる。

それだけでなく、展示会内ではG-DRAGONの作品がアクリル版画で製作されて販売されており、エディション300番までの限定で製作された「Untitled 2017」は518ドル(USD)(約54,000円)、残りの「Flower Road」シリーズは1点あたり218ドル(USD)(約23,000円)で販売されていた。

特に「Flower Road」は1点あたり700個ずつ計4200個が作られており、すべての作品が売れる場合、予想される収益は約12億7800万ウォン(約1億1000万円)に達するという。

これに対し、一部では軍服務中の営利を目的とした行為ではないのかという指摘が提起されている。

国防部の関係者は、これと関連して「入隊前の著作権で収益が発生する部分に対しては営利活動と認定されない。ただし収益が発生する展示会と作品をアクリル版画で製作・販売する過程で当事者が直説的、また間接的に関与をしたとすれば、これは営利活動として見ることができる」と説明した。

展示会が開催され、商品が販売される過程で、果たしてG-DRAGON本人の意志が入っていたのか、G-DRAGONの関与の有無が何より重要な状況だとされる。

一方、この展示会はG-DRAGONの誕生日である8月18日まで、シンガポール、上海、タイ、バンコク、インドネシア、ジャカルタ、香港などアジアの主な都市で行われる予定だ。

G-DRAGONは昨年2月に陸軍で現役入隊し、今年10月26日に除隊を控えている。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。