BIGBANG(ビッグバン) G-DRAGONが16日自身のインスタグラムに掲載した1枚の写真が波紋を呼んでいる。その写真は麻薬使用を連想させるというが…。

BIGBANG(ビッグバン / ハングル 빅뱅) G-DRAGON(ハングル 지드래곤)、が物議を醸す写真をインスタグラムに掲載した。それは、麻薬を連想させる写真だった。

音楽活動の良い知らせが待ち遠しい

BIGBANGの音楽活動の良い知らせが待ち遠しい(写真提供:©スポーツ韓国)

G-DRAGONは今月16日、自身のインスタグラムに数枚の写真をアップ。議論となったのはその中の1枚で、口を開けて舌にスマイル模様のステッカーを乗せているもの。モノクロ写真ながらステッカーだけが色付きで、より一層際立つように見える。これは麻薬の一種であるLSDを連想させるものだ。

該当の写真

波紋を呼んだ写真、この掲載の意図は……(画像出典:G-DRAGON Instagram)

これを見たネットユーザーたちは、過去に大麻吸引容疑で起訴猶予処分を受けたG-DRAGONが、麻薬を連想させる写真を掲載すること自体が軽率だと批判。

しかし一方で、該当写真の原本がスイススクリーンプリント協会が毎年開催している禁止テーマのポスターであり、麻薬の連想や推奨はしておらず、むしろ抑止を呼び掛けているのではないかという意見もある。

またG-DRAGONは、2014年にも粉で描かれたハートの上に’Molly’と書かれた写真を掲載し、議論が巻き起こり削除するという事態が起きている。’Molly’とは錠剤の形をしたエクスタシー合成麻薬だ。

彼自身、2011年に大麻吸引容疑で検察から調査を受けて起訴猶予処分となった過去がある。同グループメンバーのT.O.Pも大麻吸引で懲役刑と追徴金が課されている。

どんな意味であれ、やはり軽率な行為であることは否めない。容疑を受けたものからは、誰よりも一番遠く距離を置かなければ、人の印象は簡単には拭えない。2011年の大麻吸引容疑について、当時韓国の番組で誠実に答えていたG-DRAGON。誤解を解くには言葉が必要だと一番よくわかっているだけに、意図を伝えるにはもう少しの言葉が必要だったのではないだろうか。