5月4日、V LIVEを通してファンとコミュニケーションを図ったBTSのメンバーSUGA。肩の負傷を心配したファンの質問に状況を説明したが、なぜかアンチファンが神経質が止まらない。その理由に迫る。

5月4日と5月5日、韓国ネットでは、ある行動に対する自制の呼びかけが広まった。

呼びかけをしたのは、BTS(防弾少年団)を応援するファンである。彼・彼女たちは、口を揃えて「SUGAへのこじ付けはやめて」と反発していた。

しかし、ファンの懸命な注意喚起にもかかわらず、BTSに対して好意的ではないネットユーザーの冷笑が相次いでいる。

一体何が起きたのだろうか。

発端は、SUGAの近況報告

SUGAがV LIVEで肩の状態について言及した

V LIVEで肩の状態について言及したSUGA(画像出典:V LIVE映像キャプチャー)

5月4日、BTSのメンバーSUGAは、V LIVEを通してファンとコミュニケーションを図った。

彼は最近、『江南スタイル(2012)』で一世を風靡したPSY(サイ)とコラボレーションした楽曲『That That』を発表。同曲のミュージックビデオでは、PSYに負けじと派手な衣装とパフォーマンスを披露している。

(関連動画)PSY ‘That That (prod. & feat. SUGA of BTS)’ MV

この日、ファンはSUGAの幅広い活躍に歓喜していたのだが、一部のファンは肩の負傷を心配。「(肩は)痛くなかったの?」と、容体を直接聞く者も。

この質問にSUGAは「コンサートの時もそうだったが、肩の角度が出せない。右と左の角度が違う」と、まだ万全な状態ではないことを吐露。

続けて「腕を回すのは痛くないが、(可動域を)オーバーすると痛みがある。手術してから、肩が固定されている感じ」と、現状を付け加えた。

彼はデビュー前の2012年、配達のアルバイトをしていた際に事故に遭い、左肩を負傷したという。

BTSとしてデビューしてから約8年間、後遺症の痛みに耐えながら何とか活動を続けていたが、私生活にも支障をきたし始めたため、2020年に肩関節の縫合手術することを発表、活動を一時中断している。

代替服務のために布石を打っている?

BTSのSUGA

SUGAを皮肉る声も上がっているという(画像出典:BTS公式FaceBook)

SUGAの近況報告を受けたファンは、今後の活動への憂慮を示すとともに、ファンのために率先してステージに上がるSUGAに感謝の意を伝えた。

しかし一方で「代替服務のために、早くも布石を打ったんだね」「ステージ上では、あなたが一番楽しそうに踊ってるけど?」と皮肉る声も。

代替服務とは、一般兵士として入隊する代わりに、社会服務要員として兵役の義務を果たすケースを指す。これは、心身が兵士として服務するには支障があると判断された場合に、任命される制度だ。

社会服務要員の配属先を見ると、地方税務署の民願室(一般窓口)や中央報勲病院の薬務課、区役所の福祉課、一般学校の庶務課などがある。

勤務時間は”兵役の代替服務”であるため、所属機関の監督管理を受けるが、日課が終われば”民間人”となるため、一般兵士に比べると”楽している”と、世間から厳しい視線を向けられることが多い。

(関連記事)チャン・グンソク、EXOスホ、2PMジュノ‥よく耳にする韓国の’社会服務要員’とは?

SUGAの場合、左肩の負傷の程度が軍隊での訓練が厳しいと韓国兵務庁から判断された場合、代替服務が命ぜられるだろうが、それはまだ決まったわけではない。

それでもアンチファンは「(近い将来)代替服務を受けた場合、大衆の批判は免れないだろうことを見越して(SUGAが)先手を打った」と決めつけているのだ。

アンチファンに言わせれば、ここまで彼の容態に神経質になり、こじ付けとも取れる言動をするには、真っ当な理由があるのだという。

それは過去に、幾人もの有名男性芸能人が、持病を口実に代替服務をしたと疑われているためだ。

一例として、”筋トレ好き”として有名な歌手のA氏。彼は、一般人は到底持ち上げられないほどの重いダンベルを、軽々と持ってトレーニングするイメージが強い。しかし彼は腰のヘルニアにより、代替服務認定を受けている。

このようなケースが目立つせいか、韓国ネットでは「芸能人の病気はすべて嘘」という冷笑が絶えない。

BTS“兵役優遇議論”の逆風か

また、最近韓国政界で繰り広げられている“兵役優遇議論”に対する、若い男性の反発も一因となっているようだ。

韓国メディアによると、韓国国民の多くがBTSの偉業を称え、兵役優遇に対して好意的である一方、20代男性だけは不満を露骨に出しているという。

その根拠として「莫大な富と名誉を手に入れたBTSに、兵役優遇という“ボーナス”まで与える必要はない」と主張。社会的な議論を呼び起こしている。

今回、SUGAの発言を”代替服務への布石”と批判するアンチの中には、「肩が壊れたと言っているのに、ゴルフはどうやってできるの?」「ゴルフができるなら、現役(一般兵士)入隊もできるよー。祖国のために頑張れ」と、中傷するユーザーまで登場。

ちなみに、SUGAがゴルフを楽しんだという記録は、手術を受ける2年前の2018年に1度のみ。しかも、メンバーのジンと室内ゴルフ練習場でスイングをしていただけだ。

SUGAの代わりに、彼の近況を伝える他メンバーから「最近、ゴルフやってるみたい」という言葉はあったものの、ゴルフ場に出入りする写真などの記録はどこにもないのである。







BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2757)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs