BTS(防弾少年団 / 愛称 バンタン)が、サウジアラビアでのスタジアムツアーを開催。この日のコンサート映像はNAVERの「V LIVE+」を通じてストリーミング配信されることもあり、「歴史的瞬間」を一目みようと全世界のファンたちが関心を寄せている。

10月11日(現地時間)午後7時30分、サウジアラビア・リヤドに位置する、キング・ファハド国際スタジアムでワールドツアー「LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF」公演を開催する、グローバルグループBTS(防弾少年団)。

サウジアラビア公演を開催する防弾少年団

サウジアラビアで歴史的な公演を開催するBTS(画像出典:BTS official Twitter)

今回のステージは、サウジアラビアで非アラブ圏の歌手として初めて開かれるスタジアム公演となり、2016年アラブ首長国連邦・アブダビで開催された韓流フェスティバル「KCON」で公演して以来3年ぶりに、大衆文化が浅はかな土地でのスタジアム公演という歴史的な第一歩を意味する。

所属事務所Big Hitエンターテインメントは、ステージ設備と視野の確保などを考慮すると共に、事前に出演陣とスタッフにイスラム文化圏に対する教育を何度も行い、団体でアバヤ(全身を覆うブラックカラーの伝統的民族衣装)を購入して女性スタッフが着るように推奨。

また、厳格なイスラムの法律や保守的な文化など現地の情勢も考慮して、メンバーたちがパフォーマンスで腹筋を露出したり、トーク中に親密すぎる動作を見せないよう細かな動きを修正する予定だと伝えた。

現地のアラブARMY(=アーミー / ファン)たちは、BTSの入国を空港で待ち、サウジアラビア公演に来るファンたちのために、グッズやスローガンを製作。

リハーサル現場では、アバヤを着たファンたちが「ARMY BOMB(ライトスティック)」を揺らしながら、BTSのメンバーたちの名前や「BTS!」などと声を上げるなど、彼女たちの声援が響き渡ったという。

アバヤを着て集合するアラブARMY

アラブのARMYたちが、アバヤを着て現地に集合(画像出典:オンラインコミュニティー)

会場に来たあるアラブARMYは「知人を通じてYoutube(ユーチューブ)を見てBTSを知りました。今こちらではK-POP人気に火が付いています」と伝え、またあるファンは「BTSの音楽を通じて自信を尊重するようになりました。BTSが私の人生を変えました」とコメント。

このように、サウジの若者たちにも受け入れられ、世界的に人気を博しているBTSは、サウジアラビア公演の前に「昨年8月ソウルを皮切りにスタートさせたツアーが、遂に終盤まで達して感慨深いです。最高の公演を披露できるように努力します」と、心境を伝えた。

今回のサウジアラビア公演は「V LIVE+」でも視聴できることもあり「歴史的な瞬間になるだろう」と全世界のファンたちから関心が寄せられている。

BTSのメンバーたちが、長期休暇から復帰して以来初となるステージパフォーマンスの感動を、V LIVE+のBTS WORLD TOUR in Saudi Arbia’ Live Streaming を通じて自身の目で見て実感してみるのも良いかもしれない。