最高のガールズグループとしてグローバルでの活躍を遂げてきた2NE1。デビュー当時は10代~20代前半だった彼女たちも今では30代に突入しているメンバーもいる中、再結成の有無に関心が寄せられている。

韓国国内だけでなく世界を股にかけて活躍してきたガールズグループ2NE1(トゥエニィワン)。彼女たちに再結成の可能性はあるのだろうか。

2009年5月、”YGエンターテインメント(以下、YG)からデビューし、多くの注目を導いた2NE1は、デビュー当時、爽やか・溌溂・セクシーコンセプトなど多様なイメージを持つガールズグループの中、ヒップホップやブラックミュージックが基盤となったYGの音楽性をそのまま活かした強烈なカリスマを武器に、差別化されたチームとして目を惹いた。

再結成が囁かれる2NE1

2NE1の再結成はあるのだろうか(画像出典:2NE1 公式Facebook)

だが、2014年にリリースさたフルアルバム2集『CRUSH』以来、完全体での活動を中断。2017年にリリースしたシングル『GOODBYE』が最後の曲となり、結局チームは解散。しかし、彼女たちが持っている話題性は今も変わらず、”レジェンド”グループであっただけに、再結成を望む声も多く聞かれている。

そんな中、2NE1出身のコン・ミンジが最近テレビ番組に出演し、2NE1の再結成に関する発言をして話題になっている。

コン・ミンジは、1月20日に放送されたMBC every1 バラエティー番組『大韓外国人』に出演。MCから「2NE1の再結成を望むファンたちが多い。メンバーたちはどのような雰囲気ですか?」と質問を受けると、「みんな、どうにかしたいという気持ちがあります。しかし、サンダラ・パクお姉さんは”骨粗しょう症になる可能性もあるので、その前に1つになろう”と話しています」と、2NE1の再結成の可能性を示唆した。

2NE1の再結成の可能性を示唆したコンミンジ

コン・ミンジが2NE1の再結成の可能性を示唆(画像出典:大韓外国人 キャプチャー)

コン・ミンジの発言から出てきた”骨粗しょう症”。骨の量が減り、骨が弱くなって骨折しやすくなる病気だが、彼女たちにはまだ先の話ではないだろうか‥と思いきや、デビュー当時、10代後半~20代前半だった2NE1も、今や末っ子のコン・ミンジが27歳(1994年生まれ)、CLが29歳(1991年生まれ)、パク・ボムとサンダラ・パクは36歳(1984年生まれ)になる。

30代を境目に、心身ともに様々な変化が起きている2NE1。つい先日も、テレビ番組に出演したサンダラ・パクの腫れた首元がネットユーザーの間で話題になり、「甲状腺の病気ではないか?」と心配の声が上がった。

甲状腺の病気が心配されているサンダラパク

サンダラ・パクは甲状腺の病気が心配されている(画像出典:ラジオスター キャプチャー)

また、パク・ボムもリンパ節炎という持病やADD(注意欠如障害)の治療をしながら、ダイエットに励んでいる。

(関連記事)時々容姿が変わる理由‥元2NE1 パク・ボムを苦しめる持病と体質とは

CLもまた、太ったり痩せたりを繰り返し、コン・ミンジも放送を通じて「10代から踊り始めたので、早くに関節が傷つき、20代になって骨盤が良くありません」と健康問題について答えている。

持病を持ちながらダイエットに励んでいるパクボム

パク・ボムは持病を持ちながらダイエットに励んでいる(画像出典:パク・ボムInstagram)

太ったり痩せたりを繰り返すCL

CLは太ったり痩せたりを繰り返す体質のようだ(画像出典:CL Instagram)

CLはアメリカ進出後にソロ活動に専念し、パク・ボムもソロとして活動を再開。サンダラ・パクとコン・ミンジも放送に出演し、2NE1メンバーの歩みは今も続いているが、全盛期時代のようなエネルギッシュでパワフルなステージを魅せるのなら、健康面を考慮し、少しでも早い年齢での再結成が望まれるのではないか。

なかなか容易ではないように見える2NE1の再結成。果たしてどのような結果に繋がるのだろうか。もし、彼女たちの再結成が実現するならば、一度解散したガールズグループでもチームが長く持続できるというシグナルになるだろう。




人気ニュース

K-POP女性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース