韓国の情報番組、tvN『フリーなドクターM』では10月25日、「日本女性の憧れを一身に受けているヨンアのフリーな日常」というコンセプトで、ファッションモデルのヨンアが韓国のテレビに17年ぶりに出演した。家族との平凡な日常や、ビジネスウーマンとしての活躍を披露したのだが‥。

日本ファッション界の第一線で活躍する韓国人モデルがいる。

彼女の名は、ヨンア(本名 キム・ヨンア)。日本では一流モデルという肩書で知られているが、韓国では、いまだに多くの人が彼女を女優として記憶する。

ヨンア

2003年韓国で女優としてデビューしていたヨンア(写真提供:©TOPSTAR NEWS 出典:ヨンア インスタグラム)

何故なら、彼女は芸能界デビューをした2003年に、いくつかのドラマに出演したためだ。

デビュー後、彼女は思うように人気が得られず、突破口として選んだのが日本活動だった。単身来日し、有名ファッション誌の専属モデルに抜擢されると、徐々に人気に火が付き、日本を代表するモデルの1人となる。

韓国でも、かつて注目されなかった女優が日本で大活躍していると話題になり、彼女の快進撃は大々的に報じられるように。

そんなヨンアが、17年ぶりに韓国のテレビ番組に出演した。

本日(10月25日)、韓国の情報番組tvN『フリーなドクターM』に「日本女性の憧れを一身に受けているヨンアのフリーな日常」というコンセプトで、ヨンアが出演。家族との平凡な日常や、(番組いわく)豪邸での生活ぶりを披露している。

tvN『フリーなドクターM』に出演したヨンア

tvN『フリーなドクターM』に出演したヨンア(写真提供:©TOPSTAR NEWS 出典:tvN)

実は彼女、2019年に一度、韓国のテレビ番組から受けた出演オファーを断ったことがある。

当時、韓国のテレビ局であるTV朝鮮の『妻の味』制作側は、ヨンアへ出演を打診したものの、ヨンア側は「過度なラグジュアリーコンセプトを要求された」「そんなラグジュアリーな生活を送っていない」と、出演を断ったという。

韓国では、ほとんど無名に近かった女性芸能人が日本で人気モデルとなり、財力を持つ男性と*結婚したという“シンデレラストーリー”を強調したい思惑があったのだろう。しかしヨンアは、相手の望むような偽りの生活は見せられないと、信念を貫いたのだった。

*ヨンアは、2009年に1度結婚するも2013年に離婚。2014年に現在の夫と再婚している。

今回の『フリーなドクターM』の放送分でも「(夫は)日本エンターテインメント業界を動かしている大物」「(夫は)日本エンタメ界の財閥」という刺激的なテロップが目立つ。ヨンアを見る韓国テレビ業界の認識が、どれだけ偏っているかが垣間見える。

しかし、その思惑を知っていたであろうヨンアは何故、今回の出演依頼を引き受けたのだろうか。

そのヒントは、番組の映像内ですぐに見つかった。

ファッションディレクターとして活動中のヨンアは、自ら手掛けたアパレルブランドをオフラインでも展開することを決め、意欲的に動き出している。

そのため、近年K-POPや韓国ドラマの人気で、アジアで最もホットなファッション市場に浮上している韓国でも、自身の知名度や影響力を確保したいという、ある種の”経営戦略”が彼女を動かしたのではという見方だ。

彼女は、自身に向けられている”シンデレラ”という偏狭な視線を持つ韓国社会に対し、“ファッション界をリードする経営者”として、巻き返しに挑んでいるのだ。

もちろん、ヨンアを応援する多くのファンが、彼女の挑戦を見守っている。




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国女優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース