俳優のキム・ジョンヒョンが所属するO&エンターテインメントは、専属契約期間調整のため、韓国芸能マネジメント協会に陳情書を提出したという。現在キム・ジョンヒョンは、芸能マネジメント会社文化倉庫と専属契約に向け、肯定的に協議しているという。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

俳優のキム・ジョンヒョンが、所属事務所O&(オーエン)エンターテインメントと、専属契約期間をめぐり対立している。

キム・ジョンヒョン

俳優キム・ジョンヒョンが所属事務所と専属契約をめぐって対立しているという。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

今月8日、あるメディアの報道によると、O&エンターテインメントは、キム・ジョンヒョンとの専属契約期間調整のため、韓国芸能マネジメント協会に陳情書を提出したという。

所属事務所は、「契約書では、専属期間が5月で満了となっているが、2018年に健康上の問題でMBCドラマ『時間』を突然降板し、その間、空白期が発生したとして、来年中旬まで契約期間が残っている」と主張。

降板により制作会社等に生じた支障は、事務所側で最終的に処理したが、契約期間がまだ残っている状況で、他の事務所(文化倉庫)と話し合いの場を持ち、肯定的に契約を進めているというのは残念だと話している。

これに先立ち、文化倉庫はこの日「キム・ジョンヒョンと専属契約を肯定的に協議している」と発表。ところが、現所属事務所との対立により、困った状況に置かれることになった。

2018年、キム・ジョンヒョンはドラマ『時間』の制作発表時の態度が問題となり、その後、健康上の都合で作品を降板。しばらく活動を中断していたが、2019年、tvNドラマ『愛の不時着』で復帰する。

(関連記事)分別のない言動で好感度急落を招くも、起死回生した韓国俳優2人

立て続けにtvNドラマ『哲仁王后』がヒットしたが、今回の論争によって、再びざわつき始めている。彼の空白期間を専属契約期間から外すべきかについては、契約書を確認しなければならないなどの手順が必要なため、議論は簡単には収まらないことが予想される。

キム・ジョンヒョンはこの日、『愛の不時着』で共に呼吸を合わせたソ・ジヘとの恋愛説が浮上したが、双方の事務所が「事実無根」と否定。しかし、ある韓国メディアによってデート写真が公開され、こちらの話題でも様々な意見が噴出している。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース