新ドラマ『三十、九』への出演が決定した、女優のソン・イェジン。劇中、江南にある皮膚科の院長を務める39歳の女性主人公に扮し、3人の女性たちの愛と友情、そして人生をリアルに描く予定だ。ソン・イェジンはこれまでも、全てを持ち合わせた、人間味あふれる30代女性役を多く演じてきた。ソン・イェジンしか演じられないと言われている役柄に、今回も挑戦するようだ。

2021年にデビュー20周年を迎えた、女優のソン・イェジン。
tvN(Netflix)『愛の不時着(2019)』以後、映画やドラマに顔を見せていなかった彼女の、待望の次回作が決定した。

期待が寄せられる、ソン・イェジンの次回作

ソン・イェジンの次回作に期待が寄せられている(画像出典:ソン・イェジン 公式Facebook)

ソン・イェジンが出演するのは、JTBC『三十、九』。

このドラマは、40歳を目前にした3人の女性たちの愛と友情、そして人生を描いたリアルヒューマンロマンス。全12話を予定しており、脚本をtvN『ボーイフレンド(2018)』のユ・ヨンア作家、演出はJTBC『それでも僕らは走り続ける(2020)』を担当したキム・サンホ監督が務める。

ソン・イェジンは劇中、誰もが羨む何不自由ない環境で育ち、韓国一のリッチタウン、江南(カンナム)で皮膚科クリニックの院長を務める39歳のチャ・ミジョ役に扮し、作品の中心人物としてストーリーをリードしていく予定だ。

また、tvN『賢い医師生活(2020)』で注目を浴びた女優のチョン・ミドが、39歳の演技講師チョン・チャンヨン役を予定しており、2人の共演にも期待が寄せられている。

演じるキャラクターに共通点がある、ソン・イェジン

ソン・イェジンが演じるキャラクターに共通点が!? (画像出典:MSTEAMエンターテインメント)

(関連記事) ソン・イェジン 次期作は中国ドラマ『三十而已』のリメイク? 30代女性に届ける物語

ソン・イェジンが最近出演した作品を見ると、彼女が演じたキャラクターにはいくつかの共通点があるようだ。
特に、JTBC『よくおごってくれる綺麗なお姉さん(2018)』、tvN『愛の不時着』、そして本作を並べてみるとわかりやすいだろう。

『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』は30代のキャリアウーマン、『愛の不時着』では30代の財閥令嬢であり、企業の社長。そして新作『三十、九』では、30代にして江南(カンナム)にある皮膚科の院長を務める女性だ。

いずれの作品も”美貌とキャリアを兼ね備えた、30代のキャリアウーマン”といった、女性たちの理想像とも言えるキャラクターばかり。これは女優から見ても、誰もが演じてみたい憧れる役柄でもある。

そんな魅力的なキャラクターが、ある人物との出会いによって成長し、様々なことを悟っていく。その結果、より人間味を増して魅力的な女性へとなっていく。

ソン・イェジン出演作

『愛の不時着』では財閥令嬢(左)、『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』では30代のキャリアウーマン(右)を演じたソン・イェジン(画像出典:tvN、JTBC)

すべてを手に入れたかのように見える女性は、羨望の眼差しとともに、嫉妬を含んだ冷ややかな視線も送られてしまうようにも感じる。
だが、ソン・イェジンが演じたキャラクターは、完璧に見える女性でも小さな失敗をしたり、思わず笑ってしまうようなユーモアを持ち合わせていたりと、どこか親近感を感じる一面も持ち合わせている。

つまり、完璧と不完全さを併せ持つキャラクターだからこそ、同世代の女性視聴者から共感され、世の女性たちの憧れかつ理想像として多く愛されるのではないだろうか。

優れた能力、溢れんばかりの富に加え、成長していく女性と、トリプルクラウンを演じられるのはソン・イェジンしかいないのでは‥?

30代シングル女性のアイドルでありシンボルといったキャラクターを独り占めしている、ソン・イェジン。
彼女が演じるからこそ、より魅力的でより説得力を増していくのだろう。次回作で彼女が演じるキャラクターも、世の女性たちの憧れと共感を得るに違いない。



最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国女優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース