• パク・ソジュンがインスタグラムで、手をつないで歩く、仲睦まじい両親の姿を公開した。
  • 韓国メディアはその写真を通じて、彼の愛情深い人柄はお父さんの影響だったと伝えている。
  • 彼は共演者と息の合った演技をする秘訣について、相手への配慮と回答。そんな彼の優しい気配りに、共演女優も思わず胸キュン!?

パク・ソジュンが、インスタグラムのストーリーで仲睦まじい両親の姿を公開した。

「愛する僕の両親」と説明が添えられた写真には、夜道を歩く両親の後ろ姿が写っている。

両親の写真をインスタグラムで公開したパク・ソジュン

両親の写真をインスタグラムで公開したパク・ソジュン (写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

[expander_maker id=”1″]

後ろ姿ということは、パク・ソジュンは2人を見送っている? それとも仲良く並んで歩く2人をほほえましく思い、写真を撮っただけ?

一枚の写真から色々と想像力を掻き立てられるが、なんと言っても目を引くのは、両親が仲良く手をつないでいるところ。お父さんのもう片方の手には夜食が入っているのだろうか、ビニール袋をぶらさげているのが見える。

韓国メディアのスポーツ朝鮮は、そんなお父さんの様子から「スイートなマナーも遺伝だったんだね」と紹介。普段から穏やかで愛情深いパク・ソジュンの人柄は、お父さんの影響だったと伝えている。

彼の愛情深さは、『ユン食堂』シリーズや『青春MT』など、リアルバラエティーでの姿を見た人はよくわかるだろう。

特に『ユン食堂』では、レストランのお客さんへの細かな気配りはもちろんのこと、オーナー兼シェフを務めるユン・ヨジョンやチョン・ユミといった共演女優への配慮も忘れない。

立ち仕事を続ける2人の身体を気遣ったり、荷物を持ってあげたり、宿で食事を作ったり、周囲の人に気を配り誰よりも率先して動く姿が印象的だ。そんなレディ・ファーストの対応も、お父さん譲りなのだろうか。

パク・ソジュンは、“ラブコメの神”や”キス職人”と呼ばれている

パク・ソジュンは、“ラブコメの神”や”キス職人”と呼ばれている (写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

俳優としてのパク・ソジュンは、これまで様々なキャラクターを演じてきたが、出演作品は必ずヒットすると言われるほどの人気ぶり。

ドラマファンからは、“ラブコメの神”や”キス職人”と呼ばれており、人気女優との共演も多い。

そんな彼は、過去のインタビューで、共演女優と息を合わせる秘訣を尋ねられ、次のように答えている。

「相手を配慮して合わせようと努力している。演技をする時、どんなに良い考えが浮かんでも、相手に先に聞く。良い演技は、私一人で上手にできるものではないと思う。お互いに配慮しながら過ごしていると、後で悩みも打ち明けられるほど楽になる」

この彼の答えを実際に証言した女優がいる。それは、2016年のKBS2ドラマ『花郎<ファラン>』で共演したコ・アラだ。

彼女はドラマの主要メンバーでは紅一点。そのため、出演陣から気遣ってもらったものの、特にパク・ソジュンには感謝をしているよう。

撮影後のインタビューでは「パク・ソジュンさんは一緒にアクションをすることが多かった。常にワイヤーにくくりつけられて、馬に乗ったり助けてもらったり‥。そのようなシーンが多かったから、彼の配慮はいつもありがたかった」と伝えている。

『花郎』の制作発表会にて。紅一点のコ・アラ。

『花郎』の制作発表会にて。紅一点のコ・アラ。(写真提供:©スポーツ韓国)

しかしそんな魅力的な人柄の彼だからこそ、共演女優との恋の噂が絶えないのも事実。

恋人役を演じる2人の息の合った自然体の演技は、時に「本当の恋人同士なのでは?」と視聴者を錯覚させてしまうほど。

それは演技力の高さも関係しているが、彼にはみんなで良い作品、良いシーンにしようという強い思いがあるからこそ。

ファンの情報によると、過去のインタビューで「どうせやるなら、キスシーンは積極的に」と語ったこともあるのだとか。

”キス職人”と言われる彼は、視聴者が期待するシーンに手を抜かない。しかし、相手への敬意や配慮も忘れないのがパク・ソジュン。

お父さん譲り(?)の優しい彼の気配りに、共演女優も思わず胸キュンせずにはいられないはず。

酒井知亜

韓国のデパ地下が大好き、酒井知亜です。韓ドラファン歴が長いですが、主にK-POP関連の記事を発信しております。韓国SNSで話題の最新イシューやスターの気になる素顔などを、読者のみなさんにわかりやすく伝えることをモットーに奮闘中です。

記事一覧を見る(503件)




[/expander_maker]

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs