俳優ソン・ジュンギ主演の大ヒットドラマ『太陽の末裔』。劇中、ソン・ジュンギが演じた特戦司令部所属のユ・シジン大尉のロールモデルになったと噂される人物の近況が韓国で話題になっている。

俳優ソン・ジュンギ×女優ソン・ヘギョという豪華キャストの共演で社会現象を巻き起こした大ヒット作『太陽の末裔 Love Under The Sun』。

ソン・ジュンギは劇中、特戦司令部所属のユ・シジン大尉を担い、ソン・ヘギョは医師カン・モヨン役を熱演。同作で、常に冷静なユ・シジンが魅せるストレートな愛の表現に、心を打たれた女性も多かったのではないだろうか。

俳優 ソンジュンギ

俳優 ソン・ジュンギ(画像出典:『太陽の末裔』公式HP)

ソン・ジュンギが演じたユ・シジンは、陸軍士官学校を首席で卒業した”大尉”という階級で、エリートコースを歩む軍人役だ。これに、最近韓国では、”ユ・シジンのモデルだったのでは?”と、話題を集めている人物がいる。Youtubeチャンネル『偽者の男(ガチャサナイ)』で有名になったイ・グン大尉だ。

イ・グン大尉は、アメリカ・バージニア軍事大学を卒業した後、韓国・海軍特殊戦旅団(UDT/SEAL)での軍事訓練を修了し、2014年に除隊。最近『偽者の男』で実戦を彷彿とさせる厳しい訓練方式を披露し、無名の存在から突如としてスターになったシンデレラボーイとして人気を集めている。

イ大尉は、海軍特殊戦旅団に赴任していた当時、最優秀特殊戦将校賞を受賞し、その後、特殊任務隊としてテロ専門分野に就き、ソマリアに派兵されるなどの経歴から、『太陽の末裔』のモデルだったのではないかと囁かれている。

ユシジンのモデル? イグン大尉

ユ・シジンのモデル? イ・グン大尉(画像出典:イ・グン大尉 Instagram)

だが、このイ大尉。最近、韓国では彼に対する幾つかの疑惑が浮上して物議を醸しているというのだ。

10月2日、あるネットユーザーがSNSを通じて、イ大尉が自身に200万ウォン(約20万円)を借りたが返済していないと暴露。「2014年に200万ウォンを借りて返さない人がいる。 当時、切迫するようにお願いされたのでお金を貸したが、あらゆる理由を挙げて返済日を延ばす日が続いた。しばらく何も考えずに過ごしていたが、その人がYoutubeの推薦映像に頻繁に現れ、TVを付けるたびに出て来て困惑している」と精神的な苦痛を訴えた。

以後、イ大尉も自身のYoutubeチャンネルを通じて「200万ウォン以下の金額を借りたことがあるが、比較的早期に返した。疑惑を提起した暴露者と直接会い、事態を解決した」と、自身を取り囲む債務疑惑に対する解明映像を掲載。これに対し、暴露者もSNSを通じて「イ・グンさんと直接会った。お互いの立場をよく話し合い、心から謝罪して和解し、債務関係を解決した」と伝えている。

IZ*ONEにスパルタ訓練をするイグン大尉

IZ*ONEにスパルタ訓練をするイ・グン大尉(画像出典:『IZ*ONE CHU』キャプチャー)

また、イ大尉は9月に放送されたMnet『IZ*ONE CHU』に出演し、IZ*ONEのメンバーたちの軍事訓練を担当。メンバーたちは実際に軍服を着て、イ大尉の指揮に従って銃を持ち上げるなどのスパルタ訓練を受けた。

これに対して、一部のネットユーザーから「未成年者が含まれるIZ*ONEに軍事訓練をさせることは軍事法違反ではないのか」と指摘の声が寄せられたが、一方では「制作陣が見守る中で行われた軍事訓練であるため、大げさな解釈だ」という声も上がり、賛否が分かれたこともある。

一躍時の人となったイ大尉。様々な論議が提起されている状況の中でも、各種バラエティー番組から多くのラブコールを受けており、大衆はインフルエンサーである彼の一挙手一投足に注目している。



ソン・ジュンギ

HISTORY D&C所属の俳優ソン・ジュンギ(ハングル 송중기)。1985年9月19日生まれ。

2008年ドラマ『霜花店 運命、その愛』でデビュー。

2010年に出演したドラマ『トキメキ 成均館スキャンダル』で一躍名を広め大ブレイクしたソン・ジュンギは以降、映画『私のオオカミ少年』、ドラマ『太陽の末裔』などに出演し人気を博した。

ソン・ジュンギ プロフィール&記事(45)