10月2日に1stフルアルバム『THE ALBUM』をリリースしたBLACKPINK。該当アルバムの収録曲『Bet You Wanna』にフィーチャリングで参加した有名女性ラッパーが、BLACKPINKの楽曲のタイトルと共にトランプ米大統領について言及して話題だ。

ドナルド・トランプ米大統領が10月2日(現地時間)、新型コロナウイルスに感染し、首都ワシントン近郊の陸軍病院に入院したと報じられた中で、アメリカの有名ヒップホップミュージシャン Cardi B(カーディ・B)が、SNSを通じてトランプ大統領について言及した。

カーディ・Bは、10月2日にリリースされたBLACKPINKの1stフルアルバム『THE ALBUM』の収録曲『Bet You Wanna』にフィーチャリングで参加。トランプ大統領のツイートを引用しながら「BET YOU WANNA wear a mask now(今マスクを着用したいでしょう)」と、BLACKPINKの楽曲タイトルを交えた文を自身のTwitterに投稿した。

BLACKPINKの1stフルアルバム『THE ALBUM』

BLACKPINKの1stフルアルバム『THE ALBUM』(画像出典:YG Ent official twitter)

Cardi BがBLACKPINKの楽曲名を引用してトランプ大統領を言及

Cardi BがBLACKPINKの楽曲名を引用してトランプ大統領を言及(画像出典:Cardi B twitter)

これに、一部のネットユーザーからは「その通り!」「よくぞ言ってくれた」「さすがカーディ・B。スカッとする」などの肯定的な反応が寄せられ、10月5日の時点で10万リツイート、44万いいねを記録し、多くの共感を得ている状況だ。

アメリカのメディアでは、トランプ大統領のコロナ感染に対する反応が交錯している。一部で快癒を祈る一方で、トランプ大統領がこれまでマスクを着用してこなかったという点を指摘する声も。

トランプ大統領は、コロナのパンデミック(世界的大流行)によって、世界中で100万人以上が亡くなっているという深刻な状況下でも一貫してマスク着用を軽視してきた。マスクを着用しないまま公式の席に登場するなど”ノーマスク”を守り(?)その都度論議となった。特にトランプ大統領は、マスクを着用していたジョー・バイデン(Joe Biden)大統領選候補を揶揄したことも問題視されている。

11月3日、アメリカ大統領選挙を控える中、予想外の展開となったトランプ大統領とメラニア夫人のコロナ感染。彼らはこの数週間、家族や、選挙スタッフ、記者など多くの人々と濃厚接触しており、数百人規模の集会も複数開催。ほとんどの行事でマスクを着用していなかったトランプ大統領への周囲の視線は冷ややかだが、大統領本人は入院後Twitterを通じて「好調だ! 皆さんに感謝している」と、経過が良好だとアピールしている。

有名ミュージシャン Cardi B

有名ミュージシャン Cardi B(画像出典:Cardi B Instagram)

一方、トランプ大統領を遠回しで攻撃したカーディ・Bは、2018年に1stフルアルバム『Invasion of Privacy』で、『第61回グラミー賞』の”最優秀ラップアルバム部門”の女性受賞者になった実力派アーティストだ。ビルボード”HOT100″などでも1位を席巻しており、今回のBLACKPINKとの出会いは大きな話題を集めた。




BLACKPINK

BLACKPINK(愛称 ブルピン / ハングル 블랙핑크)は、韓国のガールズグループ。2016年にYGエンターテインメントによって結成。
メンバーは韓国出身のジス、ジェニー、オーストラリア出身のロゼ、タイ出身のリサによる4名。公式ファンクラブ名は「BLINK(ブリンク)」。

BLACKPINK プロフィール&記事(260)

人気ニュース

BLACKPINK 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース