1月14日、韓国主要メディアがヒョンビンとソン・イェジンの目撃談を一斉に報じた。一部の韓国メディアは、”公開デート=結婚への確信”というイシューにまで膨らませている。

ヒョンビンとソン・イェジンの結婚が迫っている”という憶測が再浮上した。

ヒョンビンとソン・イェジン

ヒョンビン(左)とソン・イェジン(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

去る1月14日、韓国主要メディアは、ヒョンビンとソン・イェジンの目撃談を一斉に報道。

あろうことか、このソースは韓国オンラインコミュニティーに投稿されたもの。一般人である女性A氏の「私はヒョンビンにサインをもらった人」という書き込みが、瞬く間にネット上に広まったのがきっかけである。

「知人が運営するペンションに、ヒョンビンがよく来る」と、サインをもらった経緯を説明したA氏は「この間は、ソン・イェジンも一緒に来た」と親切(?)に補足説明。2021年1月に交際を認めた後、デートを楽しむ姿は一切封印してきた2人なだけに、一般人の情報にも、メディアをはじめネットユーザーは、異常なほど反応を示したのだ。

A氏が公開したヒョンビンのサインには、”2021.7″と記されており(A氏の目撃談が事実であれば)、ヒョンビンとソン・イェジンは、2021年7月に*済州島にある、該当のペンションを訪れていたことになる。

*済州島:韓国最南端にある島、リゾート観光地

トップスターカップルの目撃談に、韓国ネットが見せたのは”異常な反応”だけではなかった。韓国メディアは「結婚が迫っている」というお節介な見出しまで書く始末。

さらに一部の韓国メディアは「もう逃げない!」「ファンが結婚を待っている」などの見出しを打ち立て、”公開デート=結婚への確信”というイシューにまで膨らませている。

実は、韓国メディアの”先走り”は、今回が初めてではない。

去る2021年2月、ヒョンビンがソウル近郊(京畿道 九里市)に、ヴィラ(4階または5階以下の低層の集合住宅)を購入した際も「ソン・イェジンと結婚し、新居として使うのでは?」と報じている。

彼が購入した建物は、屋上ガーデン付きの高級ヴィラと判明し、「1人で住むヴィラにしては、広すぎる」と囁かれた。当時も、多くの韓国メディアが「ソン・イェジンとの結婚が迫っている」という、お節介な予測を展開。

ヒョンビンが購入したとされるペントハウス”WALKERHILL PODOVILLE”

過去に韓国メディアが報じた、ヒョンビンが購入したとされるペントハウス”WALKERHILL PODOVILLE”(画像出典:planitconstruction.co.kr)

今回のペンション目撃談による“イコール結婚”という先走りは、この”ヴィラ購入”に続き1年振り2回目だ。

(関連記事)ヒョンビンの新居、屋上ガーデン付きの高級ヴィラの内部「1人には広すぎる?」

ヴィラ購入の報道から約1年が経っても、2人はまだ”恋人関係”を楽しんでいる。

今回の目撃談でさえ最近の情報ではなく、既に半年前のものだ。わざわざ補足説明までした前出のA氏も、「ヒョンビンには直接会ってはいない」と矛盾したことを語っており、ソン・イェジンが、ヒョンビンと一緒に済州島を訪れたということ自体、どこまでが事実か、その確認は取ることができない。

ヒョンビンとソン・イェジンの”たかが目撃談”が、”されど目撃談”として韓国ネットを騒がせている現状は、裏を返せばそれほど2人の持つ人気と影響力が大きいという事。

第3回目となる「結婚が迫っている」という”先走り報道”は、果たして何をきっかけに聞こえてくるだろうか。




ヒョンビン

韓国の人気俳優ヒョンビン(ハングル 현빈)。1982年9月25日生まれ。

2003年にKBSのテレビドラマ『ボディガード』(2003)でデビュー。

2005年にMBCドラマ『私の名前はキム・サムスン』(2005)で大ブレイク。韓流スターとして、韓国や日本、中国をはじめアジア全域で人気を博している。

ヒョンビン 最新記事はこちら(191)








この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs