今月19日、韓国最大のアルバム集計サイト”ハントチャート”が発表した”2020年下半期アルバム販売量決算”によると、STAYC(ステイシー)の1stシングル『Star To A Young Culture』は、計21,909枚の累積販売量を記録。初動販売の時点でも1万枚超えの販売量を記録している。

ガールズグループのSTAYC(ステイシー)が、1stシングルで1万枚以上の初動販売数を記録した。

STAYC

STAYCの1stシングルが、昨年下半期にデビューした女性アーティスト中、累積販売量1位を記録。(画像出典:Highupエンターテインメント)

今月19日、韓国最大のアルバム集計サイト”ハントチャート”が発表した”2020年下半期アルバム販売数決算”によると、STAYCの1stシングル『Star To A Young Culture』は、計21,909枚のオリジナルアルバム累積販売数を記録。昨年下半期にデビューした女性アーティストの中で、1位となった。

ガールズグループが1万枚以上の初動販売を記録するのは異例だが、STAYCは、計10,295枚を記録。2020年下半期にデビューした女性アーティストの中でも、唯一の1万枚超えを果たし、ルーキーパワーを誇っている。

TWICEの『TT』などを制作したと知られており、K-POPを代表するプロデューサーグループ”ブラック・アイド・ピルスン(チェ・ギュソン、ラド)”が手掛けた初のガールズグループ”STAYC”は、子役出身のパク・シウンがメンバーとして所属、タイトル曲『SO BAD』が、主要音源サイトのリアルタイムチャートで上位圏にランクインしたのに続き、ミュージックビデオは、公開わずか10日目にして再生回数1000万ビューを突破するなど様々な成果を残し、デビュー活動は成功を収めている。

国内だけでなく、グローバルチャートでも記録を達成。”ビルボードK-POP 100 週間チャート”90位、”ワールド・デジタルソング・セールスチャート”21位などの順位で存在感を示し、新人グループにもかかわらず、ステージでのパフォーマンス動画が高い再生回数を記録するなど、話題性を証明している。

STAYCは多彩なコンテンツを通じて、ファンと頻繁にコミュニケーションを取り続けていく予定だ。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

人気ニュース

K-POP女性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース